レポート

2017冬 Make Network Party × クリエイター交流会 レポート

2017年12月8日 (レポート)

IMG_1448

2017年12月3日(土)、「2017冬 Make Network Party × クリエイター交流会」が開催されました。


ものづくりトーク登壇者のご紹介


登壇者その1

サラリーマンでもできる 宇宙開発! / リーマンサットプロジェクト

私たちはなぜ”宇宙”というステージを目指しているのか。
そこには宇宙空間への魅力以上に、”何も知らない”私たちだからこそ、できる何かがあるのではないかと思っています。
2018年打上予定の超小型人工衛星(キューブサット)の開発費用を確保すること、そしてその後に続く人工衛星開発や打上のために、クラウドファンディングを先週から開始しました。

プロフィールページはこちら



登壇者その2

異分野融合図工フェス開催! / “sozo”

異分野の学生から社会人を300人集めて、東京お台場を本会場に全国からもネット参加できるイベントを開催します!”sozo”は今の時代のフィクション=絵空事が実現した未来
その時代の人々は一体どんなフィクションを思い描いているのか?
「図工フェス」という名の異分野交流会を開催し
まだ 誰も思い描いていない未来 (生活・文化・技術・社会…)の答えを
多彩な300人もの学生と刺激を受け交わす事によって「想像・創造」しようと決めました!

プロフィールページはこちら



登壇者その3

弊社製品「すいトート」の販路募集! / サンクリ

弊社製品「すいトート」まったくのゼロから製品開発をして販売6年目。営業が苦手でして(笑)なんとか販路の拡大を期待して、皆さんのネットワークで営業先のご紹介をお願いします! www.suitote.com

プロフィールページはこちら



登壇者その4

Robot Car Kit for micro:bit / pigmal, LLC

Robot Car Kit for micro:bitは、英国放送協会(BBC)が主体となって開発した教育向けのコンピュータ「micro:bit」 を使ってコントロール出来るロボットカーのキットです。

電子工作コンテスト「GUGEN」に応募中。
https://gugen.jp/entry2017/2017-085

プロフィールページはこちら



登壇者その5

僕が作っている物 / tatacraft

木製品を製作しています。
様々な銘木の色や質感を活かしたアクセサリー、流木を使った暖かな照明、オリジナルデザインのソファ、といったものを紹介したいと思います。
https://tatacraft.jimdo.com/

プロフィールページはこちら


スクリーンショット 2017-12-08 21.37.05

登壇者その6

新しいクラウド、始まります / 堀之内千恵

プロフィールページはこちら


登壇者その7

体を癒すアロマの力 / 小雀彗(こがら すい)

プロフィールページはこちら


33

登壇者その8

イラスト作品発表 / 高橋 亜沙子

プロフィールページはこちら


Make Network Party 2017秋レポート ~MAKERS LINK×Make Networkコラボ企画~

2017年11月10日 (レポート)

21298869_1610873898947157_653155806_o

2017年9月3日(日)、「Make Network Party 2017秋 ~MAKERS LINK×Make Networkコラボ企画~」が開催されました。


Make Network Party 2017秋 ~MAKERS LINK×Make Networkコラボ企画~、ものづくりトーク登壇者のご紹介


18121596_813640975470558_6999826172775083962_o

登壇者その1

ロボットボール Omicro / 一瀬卓也

ロボットボール Omicroを作ってます。OmicroはスマートフォンやタブレットからBluetooth LEを使用してリモートで操作できるボールです。堅牢なプラスチックボール型ロボットなので、子供やペットが触れても安全です。オープンソースハードウェアとして公開して、STEM教育などの用途で使えないか考えてます。

プロフィールページはこちら


kasanavi_pic1

登壇者その2

カサナビ / カサネタリウム

子供の頃に傘を倒して遊んだときのような感覚で目的地へ連れて行ってくれる装置「カサナビ」の紹介をします。

プロフィールページはこちら


登壇者その3

ナイロンプリント品のザラザラを改善 / 徳吉工業

3Dプリントした製品のザラザラ表面に困っていませんか?
設立以来ずーっと金属研磨をしている会社です。
ナイロンプリント品を宅急便コンパクトボックスに入れて送ると、粉っぽくてザラザラしていた表面がツルツルになって帰って来る、っていうサービス始めました!

【徳吉工業のボックスオーダー】
https://www.tokuyoshi-polish.com/box.html

プロフィールページはこちら


登壇者その4

糸を使ったデジタルものづくり / リフルシャッフル

糸を使って絵を描いたり、カッコイイ壁掛けなど作っています。
創作コミック市場を中心にジワリと広がりをみせています。
https://twitter.com/RiffleShuffle_R

プロフィールページはこちら


登壇者その5

モノづくりを繋ぐMonoConnect / Monovation株式会社

3Dプリンタ等のデジタル造形技術を活用して、デザインやモノを「作りたいが作れない人」と「作るスキルや装置はあるが活用の機会が少ない人」をマッチングする「MonoConnect(開発中)」を説明します。

プロフィールページはこちら


登壇者その6

町工場ワークショップ「えんにち!」 / 勝手に町工場親善大使

町工場さんやクリエイターさんが、皆にモノづくりを楽しんでもらうワークショップイベント!
参加者が普段触れない町工場の技術で遊べることはもちろん、出展者が、普段会う事ができない業種・クリエイターと、遊びを通じてつながることを目的としています。

http://orinasu.wixsite.com/enniti

プロフィールページはこちら




Make Network Party 2017夏レポート

2017年7月29日 (レポート)

DSCF1278-2

2017年6月11日(日)、「Make Network Party 2017夏」が開催されました。


Make Network Party 2017夏、ものづくりトーク登壇登壇者のご紹介

登壇者その1

ハットトリック / 大月アスリートクラブ

炎天下でも頭は日陰、雨でも頭はドライ!

スポーツ観戦などアウトドアで快適な全天候型帽子です。

プロフィールページはこちら


RWY13_31

登壇者その2

壁掛け空港を作ってみました / Weston Aerospace

『壁掛け空港(仮)』を制作しました。

①航空ファン・子供向けホビーグッズ
② パイロット航空管制官用等、空港関連業務での教材
…が販売のターゲットです。
A4ホワイトボード仕様なのでペン書き込みも可能です。

プロフィールページはこちら


Evernote-Camera-Roll-20160630-080343

登壇者その3

ものづくりコミュニティ・MAKERS LINKの紹介 / ものづくりコミュニティ・MAKERS LINK

ものづくりコミュニティ・MAKERS LINKは誰でも参加できるフェイスブックグループです。デザイナー、クリエイター、加工のプロから、ものづくりに関心のあるアマチュア、初心者まで、楽しい雰囲気の中で情報交換や技術相談などをやり取りしています。

10402637_664480730300806_8177662919969441414_n

プロフィールページはこちら



HIRASE_sekka_1

登壇者その4

折り紙のランプシェード / STUDIOJIN

”京表具の技”と”最先端の折り紙設計(ori-revo)の技術”、”京からかみの図案”を掛け合わせて折られた、斬新なデザインのランプシェード。
無骨格で折られたシェードは華やかで美しい織り目です。

10402637_664480730300806_8177662919969441414_n

プロフィールページはこちら


IMG_1050

登壇者その5

「価値をカタチに」木工職人の場合 / MAG TOUCH(まぐたっち)

木工ろくろの技術を軸にしたオリジナル製品を製作しております。
自分のアイデアをカタチにする事は楽しいです。ただ、それだけではモノ作りを続けてゆくことは難しいと思います。

一番大切なことは、お客様がどんな事に「価値」を感じているか。それをできるだけ精密に捉えることだと思います。

私が今まで経験してきた紆余曲折を紹介させて頂きたく思います。

10402637_664480730300806_8177662919969441414_n

プロフィールページはこちら


IMG_4792-のコピー

登壇者その6

ひのき輪切りプレートと応用製品 / La Muga

特許出願中の割れのないひのきの輪切りプレートを発表してから3年目。進化をし続けています。本日はシリーズ標準品と様々な応用製品をご紹介いたします。

プロフィールページはこちら


IMG_4792-のコピー

登壇者その7

Hello Mable / Mable

Mableはテーブルにレーザーカッターで地図情報を焼き付けて、プロジェクターでさらに地図情報を重ねるfabとtechとインテリアが絡み合ったプロジェクトです。作る、使うという体験自体を共有できるプロジェクトとして活動しています。

プロフィールページはこちら


3目ならべ

登壇者その8

有りそうでなかった多段3目ならべ / ヒラメキ工房

5目並べの禁じ手である3・3を逆手に取り、立体含めて縦、横、斜めの2方向を1個で同時に2・2を3・3にすると勝ちとする木製頭脳玩具の提供。同時2方向3目並べたら勝ち。

プロフィールページはこちら


fb_bn2

登壇者その9

TOKYO STARTUP GATEWAY2017 エントリー開始! / TOKYO STARTUP GATEWAY2017

【東京都主催・400字から始まるスタートアップコンテスト】
2014年にはじまり今年で4年目となるTOKYO STARTUP GATEWAY(TSG)、いよいよ2017年度の募集を開始いたしました。TSGは、「15歳から39歳までの起業を目指すアイデア・プラン段階の個人」を対象に、幅広い分野・領域で「世界を変える若き起業家」を育成・輩出するスタートアップコンテストです。

今年のスローガンは「BEYOND IMAGINATION」です。
優秀で実現可能なビジネスプランなど、初めは必要ありません。これまでの発想や想像力を超えて、これからの10年、これからの100年を、大胆に描く皆さんからのアイデア・情熱を、心よりお待ちしています!

プロフィールページはこちら


Monovation_0531

登壇者その10

オンラインでオーダメイドできるMonoSalon / MonoSalon

リリース直後!日本初!3Dプリンタとレーザーカッターでオーダーメイドが一点から手軽にできる次世代のオンラインショップ「MonoSalon」について紹介します!

プロフィールページはこちら



Make Network Party 2017春レポート

2017年5月16日 (レポート)

DSCF0239

2017年3月5日(日)、Make Network Party 2017春が開催されました。


Make Network Party 2017春、ものづくりトーク登壇登壇者のご紹介

登壇者その1

おばけパズルのご紹介 / おばけパズル

一見普通の木製のパズルですが、ピースをはめていくとオバケの目が光り出す、インタラクティブなパズルです。ご紹介と、進めていること/お力添えいただきたいところを共有させていただければと思います。

プロフィールページはこちら


obalepuzzle_inside

登壇者その2

金属変換クラウドファクトリーご紹介 / モノメ

消しゴムや紙粘土、木材やロウなど、様々なものを金属に変換するオンラインサービスです。web上で即時見積もり、1個から格安で、試作品づくりや一品ものの製作をサポートいたします。

プロフィールページはこちら


登壇者その3

スワイプエプロン / GIF

スワイプできるエプロンです。スマホやタブレットでレシピを見ながら料理をつくる時、料理をしている手でスワイプすると画面が汚れてしまう、そんなイライラを解消するためにつくりました。

プロフィールページはこちら


登壇者その4

ドアに空港を作ってみました / Yoshifumi Nishioka

飛行機マグネットで遊ぶ為、玄関ドアに空港イラストを描きました。(※飛行機玩具は市販の物)那覇空港をモデルに、玩具用にデフォルメを加えつつ、滑走路・構造物等空港の描画は実物に準じたリアルさを追求しました。

プロフィールページはこちら


登壇者その5

映像 × 機械 で新しいものを作る / Kazuki Hosone

私は今大学で副専攻でプロジェクションマッピングを勉強しています。そこで主専攻で勉強している機械のこととコラボできないか!と模索中・・・

プロフィールページはこちら


登壇者その6

新宿に期間限定!電子工作のものづくりスペースオープン! / My Tech Lab

『テクノロジーを、誰もが楽しめるものにデザインする。』
近年3Dプリンターなど、これまでにないパーソナルなものづくりが注目されていて、デジタルものづくりや
電子工作への関心が高まってきています。

しかし、基板むき出しの電子工作キットでは一般の方には
難しそうと感じてしまいます。
そんなやってみたい方たちのために「楽しそう!面白そう!」な電子工作に特化したFab施設の開設を準備しています。
ワークショップに参加できたり、はんだごてなど電子工作ツール、レーザーカッターや3Dプリンターなどデジタル工作機械を体験できます。

期間:2017年4月1日~8月31日
お仕事帰りや休日にぜひ遊びにいらしてください!

プロフィールページはこちら


Make Network Party 2017春、漫画レポート

17499768_152609518595058_744704289_o









Make Network Party 2016冬レポート

2017年1月23日 (レポート)

2016年12月4日(日)、東京都世田谷区のIID 世田谷ものづくり学校で、

9回目のものづくり交流会「MAKE NETWORK PARTY」を開催いたしました!

今回は前回約60名のご参加からさらに人数が増え、ものづくりに関わるクリエイターやパートナーの皆さんが参加してくださり、夜8時過ぎまでたっぷり「ものトーク」や「アイディアソン」、そして様々な人との交流を楽しんでいってくださいました。

では、今回はどのようなパーティーだったのか……さっそくレポートしてまいります!!!

 

「MAKE NETWORK PARTY」とは?

「MAKE NETWORK PARTY」とは、文字通り「MAKE=作る」をテーマにした大交流パーティー!

「ものづくり」という共通のテーマをもとに、普段の活動ではなかなか接点の持てないクリエイターや町工場、メーカー企業の方々との出逢いの場を作りたい。

そして交流を通じて、それぞれの世界がもっともっと広がっていったら……そんな想いから始まりました。

分野の枠を越えた出逢いは、新しい考え方や価値観、技術や知識のみでなく、実質的な支援や協力を得られたり、新たな仲間とタッグを組んで新商品・サービスの開発へと発展したりするケースも生まれてきています。

初の試み「モノづくりフリーマーケット」!

モノづくりフリーマーケットとは、今までの展示交流会からさらに一歩踏み込みなんと展示しているその場で商談をすることができるというMAKE NERWORK PARTY初の試みです。

この試みにより、今までよりもより具体的な商品価値をアピールでき、協力者を募ったり、また生産者との繋がりをより効果的に進めることができます。

スクリーンショット 2017-01-22 19.14.20

◇-◆-キーンコーン カーンコーン-◆-◇

 

いよいよ大交流会スタート!

今回の司会は現役ラジオパーソナリティー、白濱 優子さん!

普段から喋りの仕事をしているだけあって、アナウンス力もさることながら登壇者のイイトコロを引き出すトーク力がイベントをさらに盛り立て、前回よりもパワフルなパーティーになりました!

そして、今回もおなじみのDJが登場!

運営メンバーとしてもお馴染みのMANOSHIがその独創的な感性を発揮し音楽で会場を盛り上げてくれます。

- 運営スタッフを代表して加藤太一より開会のご挨拶♬

「得意な人が得意なことをして、互いに繋がり合って補完し合って新しいものづくりをしていく手助けになればと思い、こういった交流会を開催しています。皆さん、今日は少しでも多くの人と繋がり、それぞれのものづくり活動に生かしていただけると嬉しいです。楽しんでいってください!」

- 参加者同士をマッチング!マッチングシートとフリーマケット

 参加者同士の交流時に、より今後の活動へと繋がっていきやすいようにと、お名前のほかに「CAN-DOリスト」と「WANTEDリスト」なるものを記載していただきました!

「CAN-DOリスト」には、自分の得意なことやできること・やっていることを、「WANTEDリスト」には求めている人材・技術・ものなどを書いておき、パーティー中に今求めているスキルを持った方がいないか探してみましょう!ということで、前回から引き続きマッチングシートを採用しました!

 

- パーティー参加者限定特典!メイクネットマンションに1ヶ月無料出展

PATTY恒例の参加者企画として、今回も本会場IIDさんの一回に建設させていただきました

”メイクネットマンション”への1ヶ月無料でお好きなお部屋を貸出しを企画しました!

「メイクネットマンション」とは?

自宅で眠っている作品を少しでも長く、多くの人に見てもらえるようにと、本会場IIDさん1階に建設させていただいたマンション型展示棚です!

今回のみでなく、これまでの参加したことのある方であればどなたでも貸出対応しています!

mnm

今回の乾杯の音頭は??

本パーティーの協賛である

株式会社ボーンレックスの室岡さん!

スクリーンショット 2017-01-22 20.28.31

「人生」をキーワードに多種多様な事業展開をしている、ボーンレックスさん。

ものづくりという一つのキーワードの元に集まった素敵な集まり、そしてなんともこのアットホームさがMake Network Partyらしい!」との挨拶とともに参加者全員で盛大に

「かんぱ~い!」

スクリーンショット 2017-01-22 20.30.23

活動をPR!「ものトーク」の時間!

まず始めは、全参加者に対して自身のものづくり活動や事業、イベントの宣伝や紹介、これまで培ったノウハウなどを存分にアピールできる、「ものづくりトーク」、略して「ものトーク」の時間!

本パーティのメイン企画の一つでお馴染みの企画ですが、今回は少しルールが変わりました。

それは、各登壇者の持ち時間の再設定です。

・クリエイターは2分 (ノウハウ公開で+2分)

・パートナーは3分  (ノウハウ公開で+3分)

という風に時間設定を変更しました。ただし、ノウハウを公開すれば持ち時間を伸ばすことができるようにしました!

これにより、上記のように持ち時間を変更することができます!

 

1時間目はパートナー、2時間目にクリエイターの参加者有志の皆様に時間いっぱいPRしていただきました。

※パートナー:材料道具メーカー&シェア工房&加工サービスなどものづくりをサポートしていきたい会社など

※クリエイター:デザイナー&アーティスト&エンジニアなど新しい作品やプロダクトを作り出したい個人など

では早速、今回のプレゼンテーターをご紹介していきますよ!

ものトーク パートナー編

■モノづくりの新しいプラットフォーム by 加藤 太一さん

スクリーンショット 2017-01-22 20.33.14

ものづくりの新しいプラットフォームを開発中とのこと。

残念ながらながら、その構想はこの会場の外ではまだ口外しないで欲しいとのことでした。

気になる方は、ぜひ直接お話を伺ってみて下さいね!

 

■『コミュニケーション「場」』 by 株式会社ユピア 向井 規浩さん

スクリーンショット 2017-01-22 20.35.31

ポータルサイト、コミュニケーション「場」の運営を通して推進する産金学官士連携活動をされている、向井さん。

前回から参加していただき、今回もご登壇いただきました。

もう少し自由度を高めてやるために今年6月に会社設立、WEBサイトβ版がリリースとなり本格的にサービスを始動されたとのこと。

「産学連携でお困りの方は、ぜひお声がけください!」

コミュニケーション「場」

 

■『株式会社安心堂』 by 丸山 幸子さん

スクリーンショット 2017-01-22 20.37.17

老舗印刷業者の株式会社安心堂さんでは、その長い歴史に裏付けされた技術は印刷業界の駆け込み寺と呼ばれ、何にでも確実に印刷をすることができるそうです。

「何か印刷で困っているデザイナーさんや、メーカーの方はぜひ声を掛けてください!」

株式会社安心堂

 

■『北三株式会社』 by 冨部さん

スクリーンショット 2017-01-22 20.40.32

木材を取り扱う北三株式会社さんでは、削りクズや端材などが格安で提供することができるそうです。

木材に困ったら相談してみると良さそうですね!

あと、ウェブサイトがかなりオシャレでした!

北三株式会社

 

■『有限会社黒川プラスチック工業』 by 黒川 恵一さん

スクリーンショット 2017-01-22 20.44.36

創業45年のプラスチック加工工場、有限会社黒川プラスチック工業さん。

前回も参加され、今回も参加ご登壇いただきました!

そして今回は、なんとアクリル板の提供までしていただきました!

板材加工品であれば 可能な限り形にしてくれるだけでなく、一つからでも、絵やイラストでも、大量生産にも対応してくださいます。

作りたい気持ちだけでも相談に乗ってくださるそうですよ!心強い〜!

有限会社黒川プラスチック工業

 

■『モノメ@メタル』 by 長谷川 美紅さん

スクリーンショット 2017-01-22 20.46.20

モノメ@メタルさんでは、あらゆる原型から金属製品へとしてくれるサービスしていらっしゃるそうで、オンライン受発注し製造するという新しいクラウドファクトリーサービスとしてご紹介いただきました。

長谷川さん自身も非常にモノづくりに精通された方で、なんでも自分で作っちゃうのだとか!

モノメ@メタル

■『IID 世田谷ものづくり学校』 by ディレクター 鐘居 和政さん

スクリーンショット 2017-01-22 20.48.08

本会場であるIID 世田谷ものづくり学校さん内にあった、「Fablab Setagaya at IIDβ」がとうとうβが外れ「Fablab Setagaya at IID」として本格的に始動するそうです。

IIDが持つものづくりノウハウを扱うことのできる、ものづくりの拠点として素晴らしい設備となっています。

FabLab Setagaya at IID

 

■『株式会社ボーンレックス』 by 室岡 拓也さん

スクリーンショット 2017-01-22 21.38.13

「人生」をキーワードに多種多様な事業展開をしている、ボーンレックスさん。

今回も、「今人生をかけて頑張っている人、ぜひお声がけください!」とアツい気持ちをアピールされ、一緒にやっていくという強い気持ちがビシビシと伝わりました!

株式会社ボーンレックス

■『オートデスク株式会社』 by エヴァンジェリスト 藤村 祐爾さん

スクリーンショット 2017-01-22 21.39.17

基本的に無料で使用することのできる話題の無料の3Dモデリングソフト、”Fusion 360”を提供している『オートデスク株式会社』。

前回はWSを行っていただきましたが、今回はFUSION360がどのようなソフト化を簡潔にご説明していただきました!が、これだけの機能を無料で使用できるFUSION360はやっぱりすごいですね!

オートデスク株式会社

 

■『PLEN Project Company』 by 富田 敦彦さん

スクリーンショット 2017-01-22 22.04.51

ものトーク クリエイター編

■『twie tohaoie (トワイエ トワイエ)』 by 春原 純也さん

スクリーンショット 2017-01-22 22.15.36

デザイナー 春原純也(スノハラ ジュンヤ)が2014年から始めたアクセサリーブランド。「真面目に可笑しなモノ作り」がコンセプト。ブランド名は、デザイナーの口癖であった「とは言え」が由来とのことでした!

現在は主に、ユーモアやウィットを意識したアクセサリーと自転車にまつわる形を意識したアクセサリーを展開中だそうで、今回展示会において展示されていました!

一個一個が細くてとっても可愛いです!

「アクセサリーに落とし込める新しい、或いは面白い素材を探しております。」

twie tohaoie (トワイエ トワイエ)

■『とりとライオン』 by 宮崎 千絵さん

スクリーンショット 2017-01-22 22.19.40

おとぼけ動物工場をコンセプトに、動物雑貨の製作をしていらっしゃるクリエイターさんです!

そのものづくりコンセプトは 人の心を暖めるものづくりをめざして、羊毛フェルトの人形や、各種布小物などをなんと1点1点手作りで製作しているとのことです!

「みなとみらい ランドマークプラザ内 BUKATSUDO を拠点にワークショップなどを開催。 不定期でユザワヤ横浜店にて、店頭講習の講師としても活動しています。」

とりとライオン

■『育児のアーティファクト』 by 前田 考歩さん

スクリーンショット 2017-01-22 22.39.55

今回お子様と一緒にご登壇された前田さん。

ものづくりを行う原動力は、自身のお子様からの問いからインスピレーションが湧きモノづくりに活かすされるそうです!

「2011年と15年生まれの娘がいるプロジェクトエディターです。 子どもの「問い」と「編集力」が生きてくエネルギーで、子どもの問答や行為の観察から気づいたり学んだりしたことをブログに書き、時々プロトタイプをつくっています。お子様のためにという境遇の方や考え方の方はぜひコラボしましょう!」

育児のアーティファクト

■『Masaru Mizuochi』 by 水落 大さん

スクリーンショット 2017-01-22 22.42.55

エンジニアとして普段は勤務されている水落さんですが、課外活動としてプロジェクションマッピング作品などを制作し、実際に町などで実演しているそうです!

今回は、街中でプロジェクションマッピングを行う際の注意点などをノウハウとしてお話いただきました。

Masaru Mizuochi

 

■『Shuta Tokuda』 by 徳田 周太さん

スクリーンショット 2017-01-22 22.44.57

普段はインハウスデザイナーとして、商品企画・開発に携わる徳田さん。 その傍ら、メーカーの方々とコラボしてものづくりを行っているとのことで、今回はコンペにて入賞した作品を紹介していただきました。

Shuta Tokuda

■『きらきライト』 by 飯島 幸太さん

スクリーンショット 2017-01-22 22.46.24

本業はソフトウェアエンジニアとして活躍をされている飯島さんですが、なんと作りたいものが画面に収まりきらないということから自らCAD等を使用して、実際にプロダクトを制作してしまうという強者でした!

今回紹介していただきましたプロダクトはその名も「きらきライト」!残像で宙に文字などを出すことができるハンディライトです!

「今作っているものをクラウドファンディングに出そうと頑張っているところです。」

飯島 幸太

■『at.fab』 by ハマナカ ナオキさん

スクリーンショット 2017-01-22 22.53.33

「たのしい くらしを つくる。」をスローガンを掲げ活動している建築設計に従事するデザイナーであるハマナカさん。

そんなハマナカさんですが、なんと東急大井町線/都営地下鉄浅草線 中延駅前にレーザー加工機、3Dプリンタなどを備えたデジタル・ファブリケーションのスタジオ[at.Fab (アトファブ)] を設立したとのことで、今回はその施設についてお話していただきました。

at.fab

 

■『もりのあかりやさん / 伊豆エコビレッジ発起人』 by 並木 雄大さん

スクリーンショット 2017-01-24 1.07.17

今回の展示では、多分もっとも大きい展示だったのではないでしょうか?並木さんの照明づくりは自然やアンティークをモチーフが特徴の照明を制作されているそうでとても綺麗でした。

 

みなさんお待ちかね!生まれ変わった「アイディアソン」の時間

今回生まれ変わったアイディアソンとは、参加者から提供された材料を使用してなんとプロトタイプを作ってしまおうというアイディアソンでした。

スクリーンショット 2017-01-22 22.55.23

提供された材料は、様々なものがあり、本格的なアクリル板から3Dプリンターのフィラメントを巻いていたリールまで幅広く集まりました。

スクリーンショット 2017-01-22 22.55.44

スクリーンショット 2017-01-22 22.56.04

それぞれの得意を合わせてワイガヤで進んでいくアイディアソン!

一体どんなアイディアが出てくるのか??

 

Aチーム

これじゃない万華鏡

Bチーム

アップアップサイクル

Cチーム

メイークリスマス

Dチーム

アニマルモビリティ

Eチーム

MDFで野菜を育てやさい3D

Fチーム

星を編む人

 

アイディアソンアワードの発表!

全6グループから今回各賞を受賞したのはこちらの3グループ!

スクリーンショット 2017-01-22 23.12.58

◎透明賞

Fチーム 星を編む人

◎シルバー賞

アニマルモビリティ

◎ゴールド賞

Eチーム MDFで野菜を育てやさい3D

 

◇-◆-キーンコーン カーンコーン-◆-◇

そんなこんなで第9回も無事終了!

次回もたくさんのご参加お待ちしております!

 

morihikari のプロフィール写真

投稿者: morihikari

Make Network Party 2016秋レポート

2016年10月21日 (レポート)

2016年9月4日(日)、東京都世田谷区のIID 世田谷ものづくり学校で、8回目のものづくり交流会「MAKE NETWORK PARTY」を開催いたしました!

今回は約60名のものづくりに関わるクリエイターやパートナーの皆さんが参加してくださり、夜8時過ぎまでたっぷりと講義やアイディアソン、そして様々な人との交流を楽しんでいってくださいました。

さて、今回はどのようなパーティーだったのか……さっそくレポートしてまいります!!!

top

 

「MAKE NETWORK PARTY」とは?

「MAKE NETWORK PARTY」とは、文字通り「MAKE=作る」をテーマにした大交流パーティー!

「ものづくり」という共通のテーマをもとに、普段の活動ではなかなか接点の持てないクリエイターや町工場、メーカー企業の方々との出逢いの場を作りたい。

そして交流を通じて、それぞれの世界がもっともっと広がっていったら……そんな想いから始まりました。

分野の枠を越えた出逢いは、新しい考え方や価値観、技術や知識のみでなく、実質的な支援や協力を得られたり、新たな仲間とタッグを組んで新商品・サービスの開発へと発展したりするケースも生まれてきています。

 

ブローチからロボットまで〜よりどりみどりの「展示交流会」

works

14時の会場オープン前から、ぽつりぽつりと参加者が来場くださり、だんだんテーブルの上が賑やかに♬

メイクネットワークパーティーでは、参加者の皆様にご自身の作品やプロダクトなどを自由に展示できるスペースを用意しています。 今回も可愛らしいアクリルブローチやシックな万年筆、遠隔操作を可能にするスイッチにロボットと、実にさまざまな作品がずらりと30点以上並びました。

ものづくり業界では、写真や口で説明するよりも、実際に「モノ」を見せ合うことで最高潮に盛り上がります!ゆっくりと眺めたり、すっかり話し込んでいるうちに……
あっという間に今回の特別講座の時間です!

 

◇-◆-キーンコーン カーンコーン-◆-◇

 

いざ実践! 『3Dモデリング講座』

fusion

Fusion 360 エヴァンジェリスト、藤村祐爾さんによる、3Dモデリングソフト“Fusion 360”の3Dモデリング講座。

“Fusion 360(フュージョン・スリーシックスティ)”は、これまで個々に購入しなければならなかった600万円相当のソフトがギュ〜ッと詰まった、まるで夢のような3Dモデリングソフト。

今回はデスクトップで楽しむ本格ロボット“PLEN2”を題材に、どこにどのような機能があるのか、何ができるのか、超ど素人の筆者でもついていけるほどとっても丁寧に、基本操作をレクチャーしていただきました!

参加された皆様もFusion360をダウンロードしたPCを持参して、非常に熱心に受講されていました。

 

◇-◆-キーンコーン <始まりの会> カーンコーン-◆-◇

 

いよいよ大交流会スタート!

今回の司会は某局の現役アナウンサー、AYAさん!
普段は自らインタビュアーからナレーション、カメラマンまですべて一人で行なっているという、マルチな女性アナウンサーさんです。その美声が会場に響き渡り、いつも以上にメリハリのあるパーティーになりました☆

そして、前回からDJも登場!
運営メンバーとしてもお馴染みのMANOSHIがその独創的な感性を発揮し音楽で会場を盛り上げてくれます。

 

− 運営スタッフを代表して加藤太一より開会のご挨拶♬

「得意な人が得意なことをして、互いに繋がり合って補完し合って新しいものづくりをしていく手助けになればと思い、こういった交流会を開催しています。皆さん、今日は少しでも多くの人と繋がり、それぞれのものづくり活動に生かしていただけると嬉しいです。楽しんでいってください!」

− 参加者同士をマッチング☆特製ネームプレート

参加者同士の交流時に、より今後の活動へと繋がっていきやすいようにと、お名前のほかに「CAN-DOリスト」と「WANTEDリスト」なるものを記載していただきました!

「CAN-DOリスト」には、自分の得意なことやできること・やっていることを、「WANTEDリスト」には求めている人材・技術・ものなどを書いておき、パーティー中に今求めているスキルを持った方がいないか探してみましょう!ということで、より見つけやすい仕組みを考えてみました☆

先着10名様限定で、見事マッチングした方々には今回は「コガネイチーズケーキ」をプレゼントさせていただきました!

− パーティー参加者限定特典!メイクネットマンションに1ヶ月無料出展

mnm

自宅で眠っている作品を少しでも長く、多くの人に見てもらえるようにと、本会場IIDさん1階に建設させていただいた”メイクネットマンション”。
なんとパーティーへ参加してくださった方々には1ヶ月無料でお好きなお部屋を貸出しております。今回のみでなく、これまでの参加したことのある方であればどなたでもウェルカムですよ☆

 

今回の乾杯の音頭は〜?

PLENプロジェクトより〜富田さん!

「PLEN2のクラウドファンディングの宣伝でこのパーティーに初めて参加しました。その後、無事成功して発売することができました。
そして今回は前回までとは逆の立場、自分と同じようにものづくり活動をする参加者の方々を”支援する側”として参加しています。このように支援してもらう側、支援する側と循環していけたらいいなと思います。」

と自身のエピソードとともに語ってくださり、参加者全員で盛大に

「かんぱ〜い!」

chears

 

活動をPR♬「ものトーク」の時間

まず始めは、全参加者に対して自身のものづくり活動や事業、イベントの宣伝や紹介、これまで培ったノウハウなどを存分にアピールできる、「ものづくりトーク」、略して「ものトーク」の時間!

1時間目はクリエイター、2時間目にパートナーの参加者有志の皆様に時間いっぱいPRしていただきました。
※パートナー:材料道具メーカー&シェア工房&加工サービスなどものづくりをサポートしていきたい会社など
※クリエイター:デザイナー&アーティスト&エンジニアなど新しい作品やプロダクトを作り出したい個人など

では早速、今回のプレゼンテーターをご紹介していきますよ!

 

ものトーク クリエイターズ編

■『湘南空家再生プロジェクト』 by 空家レンジャー

akiya

空家をDIYで再生していくコミュニティ、「空家レンジャー」!
逗子でスタートする空家再生事業をご紹介くださいました。「空家レンジャー」を結成して事業を加速させていきます!現在絶賛隊員募集中!!!興味がある人はお声がけください(^^)」
空家レンジャー

 

■『yukaotani』 by yukaotaniさん

yukaotani

ガラスと飴の類似性に興味を持ち、そこからアイデアを発展させて生まれたアート作品を生み出すyukaotaniさん。
ブルーベリーで着色したり、飴でできていたりする美味しそうな作品をご紹介くださいました。
「溶けちゃったりするけど、それもいいんじゃないかということでインスタレーションをやっています。上が飴、下がガラスという作品(CANDY GLASS)を去年アメリカで制作しました。もし興味がある方がいらっしゃいましたらぜひコラボしましょう!」
yukaotani

 

■『ARV』 by 今井 幹夫さん

arv

世界最小のLEDライトをなんと自ら開発した今井さん。
それを使った光るアクセサリーを披露してくださいました!「世界最小」にお目にかかれて、筆者はひとり興奮してしまいました!(笑)
ARV

 

■『(1)モノの動物園/(2)Art-Pal/(3)株式会社ビートップツー』 by 下村 航さん

shimomura

実にさまざまな制作を手がけていらっしゃる下村さん。
この日は、展示ブースにも展示してくださっていた、セメント作品『見ざる着飾る岩猿』の加工方法、材料についてのプレゼンでした。比較的安価で簡単に岩そっくりの質感の立体作品を作るノウハウを紹介してくださいましたよ☆
モノの動物園
Art-Pal
株式会社ビートップツー

 

■『by the sun』 by by the sunさん

sky

エシカルファッションブランド、”by the sun”さん。
名前の由来は「太陽によって作られたもの」だそうです。この日は、廃材を利用して作ったバッグ、自然の貝殻ボタンとオーガニックコットンのバッグなどを持ってきてくださいました!
オンラインショップはこちら⇒by the sun

 

■『株式会社SilBurg』 by 綾部 雄二さん

silburg

wi-fiで動く学習リモコンを紹介してくださった、株式会社SilBurgさん。
なんと世界中どこからでもon/offできるそうで、ニュージーランドからの実験をしてみたところ、見事成功したそうです!
これはすごい!!
株式会社SilBurg

 

■『Panon Music “loop”』 by 鎌田 直美さん

loop

つみきのような子供向けのシンセサイザー、『loop』をご紹介くださった鎌田さん。
Maker Fair Tokyoや渋谷ヒカリエで行なわれたドットフェスにも出展しており、現在多彩な仲間たちと絶賛開発中とのことです。
「プロダクトの素材についての知識のある方を募集中!!」だそうなので、ぜひ興味のある知識人はお声がけを〜!
Panon Music “loop”

 

■『KiRiCo』 by 浅井 睦さん

kirico

「金属削りカス(切粉)を再利用したアクセサリーKiRiCoを制作しました。大阪の町工場から分けていただき、純国産にて制作しています。」
廃材利用とはとても思えないおしゃれなアクセサリー!当日は実際に身につけて来てくださいました☆
KiRiCo

 

ものトーク パートナーズ編

■『EYTEX株式会社』 by 岩井 隆浩さん

eytex

キャッチフレーズに、「創れないものなんてこの世界にない」を掲げるEYTEX株式会社さん。
縫製関係のOEM(警察関係の製品製作)をメインに、現在は伝統工芸をデータ化して後世に残していこうと奮闘中だそうです。
事業の手助けをしてくださる方、大募集中ですよー!
EYTEX株式会社

 

■『日興エボナイト製造所』 by 遠藤 智久さん

ebonight

国内唯一のエボナイト素材メーカー、日興エボナイト製造所さん。
「エボナイト」は、万年筆や木管楽器の口、パイプなどに使用されている素材なのですが、そもそもエボナイトとはなんぞやというところから、特長、用途などなど、実際に万年筆を持参してプレゼンしてくださいました。
日興エボナイト製造所

 

■『有限会社黒川プラスチック工業』 by 黒川 恵一さん

kurokawa

創業45年のプラスチック加工工場、有限会社黒川プラスチック工業さん。
板材加工品であれば 可能な限り形にしてくれるだけでなく、一つからでも、絵やイラストでも、大量生産にも対応してくださいます。
なんと、作りたい気持ちだけでも相談に乗ってくださるそうですよ!心強い〜!
有限会社黒川プラスチック工業

 

■『コミュニケーション「場」』 by 向井 規浩さん

ba

ポータルサイト、コミュニケーション「場」の運営を通して推進する産金学官士連携活動をされている、向井さん。
もう少し自由度を高めてやるために今年6月に会社設立、10月オープン予定でWEBサイトも制作中だそうです。
「会社紹介のための取材を受けてくださる方、ぜひお声がけください!」
コミュニケーション「場」

 

■『足立ブランド』 by 都市計画同人 藤井 元斗さん

adachi

「足立ブランド」とは、足立区の製造時業者によるものづくり団体。
今回パーティーに参加してくださってる、ミユキアクリルさんや、松崎人形さんも足立ブランドとして認定されているそうです。
詳しくは足立区HPへ⇒足立ブランド

 

☆協賛パートナーズ、7社にもプレゼンをしてもらいました。

 

■『株式会社ボーンレックス』 by 室岡 拓也さん

bornlex

「人生」をキーワードに多種多様な事業展開をしている、ボーンレックスさん。
今回は、保育やウエディング、ヘルスケアなどの分野で人生をかけて頑張っている人を支援する事業について紹介くださいました。今人生をかけて頑張っている人、ぜひお声がけください!
株式会社ボーンレックス

 

■『ミユキアクリル』 by 小野 雅也さん

miyuki

アクリルアクセサリー専門の加工工場、ミユキアクリルさん。
刃物を作っている人とコラボした、アクリルでデザインを施した素敵なナイフなどを実際に持ってきてくださいました。
アクリルでものを作りたい方はまずは工場見学へ!
ミユキアクリル

 

■『トロテック・レーザー・ジャパン株式会社』 by 吉留 貴弘さん

trotec

レーザー加工と言えば、トロテックさん。
レーザー加工機を使えば、アクリル、革、紙などをイラレ情報を元にカットしたり彫刻したりマーキングしたりできちゃいます。墓石に写真も写しちゃう仰天技術もご紹介してくださいました。
トロテック・レーザー・ジャパン株式会社

 

■『IID 世田谷ものづくり学校』 by ディレクター 鐘居 和政さん

iid

8月8〜15日までの1週間、中国の深センで開催されたFAB12に参加してきた話を共有してくださいました!
「FAB12」とは、世界中のファブラボ関係者が集まり、さまざまなシンポジウムやワークショップ、フィールドトリップなどが行なわれる年に一度のイベントです。どんなイベントだったのか、滞在期間中のことについて詳しくはコチラへ!
IID 世田谷ものづくり学校

 

■『オートデスク株式会社』 by エヴァンジェリスト 藤村 祐爾さん

autodesk

いま話題の無料の3Dモデリングソフト、”Fusion 360”を提供している『オートデスク株式会社』。
パーティー開始前には、Fusion 360の基本操作をとっても分かりやすくレクチャーしてくださいました!
オートデスク株式会社

 

■『PLEN Projecct Company』 by 富田 敦彦さん

plen

プリンタブルなオープンソースロボットPLENを作るロボット開発会社『PLEN Projecct Company』。
「PLENを通じて、ロボットに仕事を奪われない、テクノロジーと積極的に向かい合う人材を増やしたい」と語る、富田さん。
当日はPLENがいろんなポーズで会場を和ませてくれました(^^)
PLEN Projecct Company

 

■『株式会社 オリジナルマインド』 by 中村 一さん

original

長野県岡谷市に本社を構え、小さなつくり手たちを支援する『株式会社 オリジナルマインド』。
2011年から開催されているメカトロニクス作品のコンテスト「ものづくり文化展」や、オンライン上の個人のものづくりクリエイターの発表の場・交流の場「メカトロライフ」でも有名ですよね!「ものづくり文化展」は、毎年どんな作品が集結するか楽しみです!(ちなみに年末まで応募できるみたいですよ☆)
株式会社 オリジナルマインド

 

◇-◆-キーンコーン カーンコーン-◆-◇

 

オリジナルマインドプレゼンツ☆GOIGOIコンテスト!

オリジナルマインドさんの提供で開催した、GOIGOIコンテスト
参加者には事前にGOIGOIを使った作品を制作してエントリーしていただきました。

数あるエントリー作品の中から選ばれたのはコチラ!!
goigoicontest

作品には小さな四角い穴や細長い穴がたくさん開けられており、GOIGOIならではの加工技術をふんだんに使っているということから選出したそうです。

見事グランプリに選ばれたNinja Masaさんには、気軽に板金加工できる”GOIGOI”本体をプレゼント!!!
おめでとうございます!

 

◇-◆-キーンコーン カーンコーン-◆-◇

 

アイディアソン 『ロボットで生活が楽しくなるアイディア』

「クシでクジ!」ということで、今回のアイディアソンはこんな可愛くて美味しそうなフィンガーフードを使ったグループ分けから始まりました♪
ideason

テーマは『ロボットで生活が楽しくなるアイディア』。
「生活が楽しくなる」ということで、いつも以上にワイワイがやがや、どのグループも楽しそうにアイディアを出し合っていました。
全6グループから出てきた秀逸アイディアはこちら!

・グループA:一緒にスポーツができるロボット
一緒に何かできたら嬉しいなということで生まれた、友人のように一緒に何かをしてくれるロボット。

・グループB:お世話やかれロボ
充電やだっこ、なでなでしたりとお世話をしてあげると、ダンスやしりとり・じゃんけんの相手、肩たたきなどちょっと助けてくれるロボット。

・グループC:にせんちめんたるロボ(サブタイトル:リハビリロボ)
使用シーン:介護施設とか一人暮らし。仕事はしてくれるが、ちょっと間抜けで何か失敗してしまう憎めないロボット。

・グループD:音楽演奏ロボット
今回参加最年少の弥生ちゃんがしてて一番楽しいと思うのは?ということで生まれたアイディア、
使っていないピアノやギターを自動演奏、叱咤激励してくれる指導モードもあるロボット。

・グループE:どこでもロボット
身体が不自由な人が自由を手に入れるというコンセプトの介護ロボット。

・グループF:プレーンペンギンPP
ルンバが入れないところに入ったり、部屋を滑り回って害虫退治をしてくれたりするお掃除ロボット。

 

アイディアソン アワード発表!

全6グループから今回各賞を受賞したのはこちらの3グループ!

prize

◎IID 世田谷ものづくり学校賞:グループF『プレーンペンギンPP』

ルンバのようなペンギン型のお掃除ロボット。
「動物はいい!外装は再現できると思ったから。」(ディレクター鐘居さん)
メンバーのおひとりが早速習ったばかりのfusion 360でイメージを作って披露してくださいました☆

◎AUTODESK Fusion360賞:グループA『一緒にスポーツができるロボット』

まるで友人のように一緒に何かをしてくれるロボット。
「アイディアがもっと膨らみそうなポテンシャルを感じたから。」(エバンジェリスト藤井さん)

◎PLEN賞:グループB『お世話やかれロボ』

世話を焼くと、そのお返しに何かしてくれるロボット。
「世話してくれるはよくあると思うが、こちらからの行為の見返りに何か機能するというアイディアが斬新だったから。」(富田さん)

今回も個性溢れる斬新なアイディアが生まれました〜!
ここから実際に動き出すチームは、協賛してくださっている企業様から様々な形で支援・協力をいただきながら、アイディアを形にしていきます。次回以降の進捗報告をお楽しみに♪

 

◇-◆-キーンコーン カーンコーン-◆-◇

 

そんなこんなで第8回は終了!

ここで繋がったご縁がさらに一層広がっていきますように☆

 

今回誕生した♡ものづくりマッチング♡

アクリルつながりで…【ミユキアクリル×にせんちめんたる】
ミユキアクリルさんの見たことないアクリル作品を発見!
動物をモチーフとしたアクリルブローチ作品を制作するにせんちめんたるさんと見事マッチングしました!

「結婚」をキーワードに…【Panon Music “loop”×ボーンレックス】
ちょうど結婚式の準備に入ろうとしていた鎌田さんがボーンレックスさんのウエディング事業に興味をもったことでマッチング!
ご結婚、おめでとうございます〜!!!

cupple

見事マッチングした2組の方々には、コガネイチーズケーキをプレゼントさせていただきました☆
このご縁を大切に、ぜひ実現化させてくださいね!

 

◇-◆-キーンコーン <おしまい> カーンコーン-◆-◇

 

次回パーティーは、12/4(日)です!

all

たくさんのご参加、お待ちしております(^0^)

Make Network Party 2016夏 レポート

2016年8月2日 (レポート)

2016年6月5日(日)、東京都世田谷区のIID 世田谷ものづくり学校で、第7回ものづくり交流会「MAKE NETWORK PARTY」を開催いたしました!

約60名のものづくりに関わる参加者の皆様にお集まりいただき、展示ブースには30種類ほどの作品が並び、賑やかな”パーティー”になりました。

その様子を、来られなかった皆様に向けて、また、来場いただいた方の復習のために、レポートしてまいります!

 

top

「MAKE NETWORK PARTY」とは?

「MAKE NETWORK PARTY」とは、文字通り「MAKE=作る」をテーマにした大交流パーティー!

「ものづくり」という共通のテーマをもとに、普段の活動ではなかなか接点の持てないクリエイターや町工場、メーカー企業の方々との出逢いの場を作りたい。

そして交流を通じて、それぞれの世界がもっともっと広がっていったら……そんな想いから始まりました。

分野の枠を越えた出逢いは、新しい考え方や価値観、技術や知識のみでなく、実質的な支援や協力を得られたり、新たな仲間とタッグを組んで新商品・サービスの開発へと発展したりするケースも生まれてきています。

 

美しい・面白い・楽しい作品が並ぶ「交流展示会」

product-1

14時より会場がオープンし、次々と作品がテーブルに並んでいきます。

並んだそばから、「これは何?」「どうやって作ったの?」「面白い!」と会話が生まれていました。

メイクネットワークパーティーでは参加者の皆様に自由に自分の作品やプロダクトなどを持ってきていただき、展示できるスペースを十分に用意しています。 今回も食用虫の飼育ゲージやアクリル加工の写真立て、ペーパークラフトや木材加工の作品などなど多岐にわたる作品がずらりと30種類以上並びました。

写真や口で説明するより、「もの」を実際に見せ合うことがものづくり界では一番盛り上がりますよね。ゆっくりとたっぷりと、見つつ見られつでおしゃべりの終わらないうちに、あららチャイムが。

 

◇-◆-キーンコーン <始まりの会> カーンコーン-◆-◇ ◆

 

いよいよスタート!イントロダクション

16:00からはいよいよ本番開始。ラヂオつくばのパーソナリティーとしてもお馴染みの白濱優子さんの司会で1時間目のはじまりです。

音楽ディレクションおよびBGMはDJ MANOSHI!独特のオリジナルセンスが溢れたBGMに乗ってお送りします。

まずは白濱さんから会場やパーティーの内容やポイント、流れをご説明。特筆すべき今回のポイントは、新しい名札とものづくりマッチング成立のシステムです。

●今回から名札を一新!

前回開催した「ものづくりお見合い」を進化させ、今回からは名札に名前にプラスしてCAN-DOリストとWANTEDリストを記入するようにしてみました。

CAN-DOリストには自分の得意なことやできること・やっていることを、WANTEDリストには求めている人材・技術・ものなどを書いておき、パーティー中に他の参加者でマッチする方がいないか探してみましょう、という仕組みです。

●ものづくりマッチング成立でプレゼント贈呈!

そして、その名札のCAN-DOとWANTEDがお互いに一致したり、おしゃべりが盛り上がったりして「今度また何かしましょう!」「もっと具体的に話をしましょう!」ということになったら「ものづくりマッチング成立」です!

先着5組10名様までの「成立カップル」にはオリジナルチーズケーキをプレゼントしました。

 

MAKE NETWORK PARTY代表 よりパーティースタートの挨拶

「本日はお集まりいただきありがとうございます。ご参加いただいた方のプロフィールをお配りした冊子にまとめております。

ものづくりと一言に言ってもいろいろな得意分野の方がお集まりいただいていると思うので、ぜひパーティー中のコンテンツやおしゃべり、冊子を通して得意分野の違う人たちと出会い、新しいものづくりを切り開いていってください。

本日の4時間で一つでも多くの「つながり」が生まれると嬉しいです。」

毎回ちょっとずつ進化するメイクネットワークパーティーの真髄、「つながり」への熱い思いが皆様に伝わったと思います。

 

それでは、乾杯〜!

乾杯

乾杯の音頭は、今回から協賛に加わっていただいた株式会社 オリジナルマインド 中村一さんにお願いいたしました。

「株式会社オリジナルマインドは長野県で1997年に創業し、その頃はお客さんは個人の方が中心でした。しかしその頃は個人でものづくりをしている人が少なくなってきていた時期で、残念に思っていました。

そんな中、今日のメイクネットワークパーティではたくさんの人がものづくりを楽しんでいるということがわかり、とても嬉しい気持ちです。では、乾杯!」

と、嬉しいお言葉で、盛大にかんぱーい!

 

◇-◆-キーンコーン <1時間目 ものトーク パートナー編> カーンコーン-◆-◇ ◆

 

今回からちょこっと進化、「ものトーク」!

1時間目はパートナー企業さん、2時間目はクリエイター参加者さんの有志の方々によるトークタイム「ものトーク」です。

今までの「ライトニングトーク」から「ものトーク」に題名を改め、今まで行っていた活動や商品や作品の紹介にプラスして、ものづくりのノウハウや熱い思い、材料や作り方の話などちょっと濃い内容をお話ししてもらえるようになりました。

 

※パートナー:材料道具メーカー&シェア工房&加工サービスなどものづくりをサポートしていきたい会社など

※クリエイター:デザイナー&アーティスト&エンジニアなど新しい作品やプロダクトを作り出したい個人など

短時間ですが、多くの参加者に事業や制作物をアピールしてもらい、その後のフリー交流タイムのお話しのきっかけになればと思っています。 ではでは早速、いってみよー!

 

◆ ものトーク パートナー編

■『IIDものつくり大学 Fablab setagaya at IIDβ』byディレクター 鐘居和政さん

iidfablab

「今年4月、PTA(IID 世田谷ものづくり学校内ファブ施設)からファブラボになりました! Fablab setagayaには面白いスキャナーやKitMillという金属切削機などがあります。

前々回ここで知り合った竹腰さんとも共同でギプスを作ったり。

メイクネットマンション展示希望者募集中、6/12(日)三宿蚤の市、夏のキッズワークショップ、TOKYOものづくりセッションなどなどイベントがいろいろ。パーティー参加者の方にも出展で協力していただいてますので、ぜひご参加ください。」 

→HPIIDものつくり大学 Fablab setagaya at IIDβ

 

■『ミユキアクリル』by小野雅也さん

miyuki  

「アクリルの材料を使ったアクセサリーなどの加工をする会社です。

最近取り掛かってるのがデジタルファブリケーションなどが浸透してきている中で、あえて「古い道具を使ってものづくりをする」こと。機械でできないような形や模様を手作業や今まで使ってこなかった塗料で表現できます。

その他にも6500種類以上のアクリル材料をコレクションしていて、販売も行っているので気になる方はぜひホームページを見てください。」 

→HPミユキアクリル

 

■『ダイヤミック株式会社』by大野茂樹さん

daiyamikku

「写真用印画紙やプロジェクター用スクリーンフィルムの会社です。第一回目のアイディアソン「紙のボードを使ったものづくり」で発案されたものを商品化に向けて開発中です。 また、栞にもなるブックスタンドはすでに商品化され、メイクネットマンションでも展示販売しています。

まるで木のように見える木目調の紙素材や、湾曲したプロジェクタースクリーンなどいろいろありますのでぜひホームページを見てください。」

→HPダイヤミック株式会社

 

■『小林鋲螺株式会社』by小林和好さん

LT03

「ネジ製造工場として創業した会社ですが、その後事業を拡大して商社機能を拡充し、現在では自社製品開発やそのバックアップができる会社です。

クリエイターの方がアイディアを商品化しようとした時にネックになりがちなPRやコスト管理、代金回収システム、特許取得などを全面的にバックアップしますのでぜひご相談ください。 実際に本パーティーで知り合ったクリエイターさんの開発した椅子を商品化したなどの実例があります。

クリエイターのみなさんに、ぜひ特許取得を目指してもらいたいと思っています!」

→HP小林鋲螺株式会社

 

■『ノバルス株式会社 MaBeee』by岡本康太郎さん

LT04

「誰でも使える最も手軽なIoTデバイス。スマホと連動させられる電池、「MaBeee」を作っています。

いろいろな使い方ができますが、最近イチオシの使い方は、古いおもちゃにMaBeeを入れること。子供の頃遊んだおもちゃにMaBeeを入れ、スマホで制御できるようにすれば最新のおもちゃに変身します。

それを自分の子供が遊んでくれたら、嬉しいですよね。おもちゃの寿命も長くなることにもなります。

MaBeeeの開発での失敗談的なところで言えば、Androidとの連携を開発中に機種ごとに通信の状況が異なることがわかり、苦労しました。ただ、そのような問題もいろいろな技術を持ったメンバーが協力しあって解決しています。」

→HPノバルス株式会社 MaBeee

 

以上、5組のパートナー企業さんに発表いただきました。

ここで、フードがオープン!

13516226_1112831542110302_2028870713798278930_n

今回のお食事は、未来(ミキ)さんが心を込めて作ってくださいました。

美味しいご飯を頂きつつ、15分間の休憩、兼、交流タイムです。

 

◇-◆-キーンコーン <2時間目 ものトーク クリエイター編> カーンコーン-◆-◇

 

◆ ものトーク クリエイター編

ここからはクリエイターによるものトークです。個性豊かなクリエイターが目白押しでしたね。

■『Qxxy(キュクシー)』 by木村正子(Annie)さん

LT05

「LEDライトニングアート。ハッピーハット(光るヘルメット)、すごパンチ(パンチすると光る)の製作とパフォーマンスをしています。アメリカのイベントやミラノ国際万博など海外でもパフォーマンスしていて、評判も上々でした。

もともと医療光学をやっていて、内側の生命の光をどうやって外側に表現するか、ということを考えています。人を感動させられるようなものをやっていきたいです。」

→HPQxxy(キュクシー)

 

■『株式会社ハタプロ』by伊澤 諒太さん

LT06

「創業6年目の家電メーカーで、いろいろなことをやっているのですが、今回は「Luminous craft」というハンドメイドが好きな女性のためのスマートジュエリーを紹介します。

これはデザインをカスタマイズできるスマホと連動したアクセサリーで、自分の作ったものに編み込んだりくっつけたりできるようになっています。機能としてはスマホの着信や音楽に合わせて点灯したり、ぬいぐるみの中に入れて喋らせたりすることができます。 ぜひ、これを使った作品作りをしてみませんか?」

→HP株式会社ハタプロ

 

■『SUDACHI』 by寺下拓真さん

LT07

「本職は建築設計なのですが、その傍でカッター専用グリッパーを開発しました。 平坦な一般的なカッターは長時間使っていると人差し指に負担がかかります。そこでこのグリッパーを装着することで、角度が変わるので指関節に負荷がかかりにくく、引く力を無駄なく伝えられるのでぐいぐい切れるカッターになります。

現在、本格的な商品化に向けて木工の加工ができる業者さんや機器を探しています。」

ここですかさず司会の白濱さんが、会場に向かって「誰か木材加工できる!という方いらっしゃいませんか!?」と早速募集を!

ファブラボIIDの鐘居さんから手が上がりました。後ほど相談できたかな?

→フェイスブックページSUDACHI

 

■『Fusion360マニュアル』by吉良雅貴さん

LT08

「オートデスク社のFusion360という3D CADソフトのマニュアル本を出版しました。Fusion360はとても良いソフトなのに公式のマニュアルがなく、youtubeなどに動画は上がってるものの初心者の方はとっつきにくいと思います。そこで作成したのがこのマニュアルです。

3DのCADは非常に戸惑いやすいが、Fusion360は定義がしやすく慣れればとても便利なソフトです。ぜひお手にとってご覧ください。2300円のところ本日ご参加者の場合は1割引です。」

→Amazon販売ページFusion360マニュアル

 

■『japaname』by石井将文さん

LT10

「主に外国人の方が当て字ネームが作れるウェブサイトを運営しています。そして作成した当て字ネーム=japanameを書道家さんにかっこよく書いてもらったり、それをTシャツにして購入できたり、いろいろな商品の販売につなげています。

もともとはオリジナルの手裏剣にその当て字ネームを掘ってあげるということをしていたところから始まりました。木の板を切り、黒く塗って掘るだけなのですが、大切なコツはニスを塗ってから黒く塗ること。そうすることで黒色が中まで染み込まず、彫った時にくっきり文字がでます。ぜひオリジナル手裏剣を作ってみてください。他にもいろいろやってます!」

→HPjapaname

 

■『Temari』by歌野真理さん

haburashi

「2年前のエンガジェットのメイカソンをきっかけに、センサーが入ったくまちゃんを歯ブラシにクリップで装着し、歯磨きがどれくらいできているかを測定するデバイス「シャカシャカぶらし」を開発しています。

子育てで一番困っていることをアンケートすると親は歯ブラシをやらせることと言います。そこでこのデバイスを使うことで子供が楽しく歯磨きをするようになればと思っています。現在クラウドファンディングを実施中ですので、ぜひ応援よろしくお願いします。」

→HPTemari

 

■『のるLAB』by大木昇さん

LT11

「低音が出る小型スマホ用スピーカーや色のアクリル板の彫刻の置物など、レーザーカッターや電子部品を使った作品を作っています。

自然光で色がつくアクリルのワークショップを、6/26(日)にFablab setagaya at IIDβで開催します。」 

→フェイスブックページのるLAB

 

■『EMTOM』by森口拓真さん、オオニシタクヤさん、藤井ともひろさん、池田りゅうごさん、まりのさん

LT12

「2100年の食糧危機解決のため、昆虫食プロジェクトを進めています。虫はたんぱく質の割合が多い上に必要な労働時間が少ないなどの利点があります。 とはいえ、虫を食べるのはネガティブなイメージが多いことと食糧供給システムが課題です。そういった問題の解決に取り組んでいます。

今日は参加者の皆様にそのネガティブなイメージを少しでも払拭したいただきたく、コオロギを調理したものを持ってきましたので食べてみてください。」

振る舞われたコオロギは、チョコレートのように香ばしくて美味しかったです。

 

■『ヒラメキ工房』by関場純さん

LT13

「ボードゲームの発明家です。浅草にお店があり、そこでただでおけるレンタルボックスがありますので、興味のある方はお声掛けください。 」

以上、9組のクリエイターの皆様に発表していただきました!

お次は、前回のMUTOHさんの技術を使ったアイディアソン「光をデザインできる技術を使ったカスタム商品アイディア」から生まれた2チームがその後の動きを発表しました。

→HPヒラメキ工房

 

■チーム「Blooming Light」

14079854_1156771454382977_7164186287350708842_n

お互いの得意分野を生かし、3つのプロダクトの試作を作り、今後も日本初のハンドメイドブライダルブランドとして展開予定です。

1、Welcome boad 記念日の写真データを使って特別なウェルカムボードを作成する。披露宴後は新居に飾る、お部屋をてらし続ける。

2、Rosset お客様の席はおしゃれにエスコートするロゼット。リボンにプリントできる「ヒトカタプリント」とスマートジュエリー「Luminous craft」を組み合わせて、参列者に身につけてもらい、音に合わせて光の色を変化させるなど新しい演出ができる。

3、Headdress 花嫁を静かに照らすあかり。一度限りで終わらない、アニバーサリーウェディングにも使えるようなもの。「Luminous craft」と布レースを組み合わせたヘッドドレスです。

 

■チームTOKI

14064212_1156771457716310_7939880278077477745_n

障子の中に組み込む案を出して受賞したが、いきなり建具を開発するのは難しいのでは?ということになり、かけ鏡という代案が出ています。

明るいときは鏡、暗くすると月の模様が光りで浮き出るものを考えていて、マジックミラーを参考にしながら、今後そのサンプルを作る予定です。

 

◇-◆-キーンコーン <3時間目 ものづくりアイディアソン> カーンコーン-◆-◇

 

アイディアソン『気軽に板金加工できる「GOIGOI」で作るものづくりアイディア』

 

ここでまた交流タイムをはさみつつ、グループ分けクジ引きをして着席!毎度盛り上がる「ものづくりアイディアソン」のお時間です。

株式会社オリジナルマインドさんの新商品、「GOIGOI」は、アルミやステンレスといった金属の板に、手動で簡単に穴を開けたり切ったりできる機械です。13267730_1611974092453410_2725339000446886851_n

 

あらかじめ「した穴」をあける必要がなく、音が静かで、電気もパソコンも専用知識もいらず、簡単にでき、切り屑も出ない・・・と今までの加工でネックになっていた部分を全て一掃したような機械。

本パーティー会場にも実機を2機も展示していただき、交流タイムなどに多くの参加者が試していました。 アルミ板、ステンレス、鉄などの金属が加工できます。このGOIGOIを使って、どんな「ものづくり」ができるでしょうか?

さあみんなで考えよう! 今回は6~7人ほどの6チームに分かれ、話し合うこと20分。少しの延長時間を使い、なんとかアイディアがまとまったようです。

ideason

今回生まれた6つのアイディアがコチラ☆

・Aチーム:万能イゲタ

・Bチーム:ゴイゴイ版

・Cチーム:GOIGOIクリップ

・Dチーム:あまごい

・Eチーム:GOIGOI点字学習キット

・Fチーム:GOIBUMI

 

アイディアソン アワード発表!

今回のアイディアソンでは、先ほどの6つのアイディアのなかから下記2チームが各賞に輝きました☆

・オリジナルマインド賞:Fチーム「GOIBUMI」

GOIGOIでハガキサイズの金属板に絵や文字を刻み、思いを届けるというアイディア。

「製品にしてたくさんの人に販売するのではなく、個人から個人に一品一様のものが作れるという点がGOIGOIじゃないとできない、というところでこのGOIBUMIに決めました。名前もセンスがある!」(オリジナルマインド:中村さん)

オリジナルアクリル楯とオリジナルマインドさんオリジナルノート&キーホルダーがメンバーに贈呈されました。

 

・IID 世田谷ものづくり学校賞:Aチーム「万能イゲタ」

GOIGOIで板にスリットを入れ、様々な大きさ・用途のイゲタを安価にたくさん作るというアイディア。

「とってもシンプルに・・・儲かる!と聞いたので!」(IID:鐘井さん)

オリジナルアクリル楯がメンバーに贈呈されました。

ここから実際に動き出すチームは、協賛してくださっている企業様から様々な形で支援・協力をいただきながら、アイディアを形にしていきます。 今回発表してくださった“Blooming Lights”や、“TOKI”のように、次回どのようなプロジェクトの進捗や試作品を持ってきてくれるのか、楽しみですね!

 

GOIGOIコンテスト開催のお知らせ!

ここでオリジナルマインドさんから重大なお知らせです。

「オリジナルマインド主催の「ものづくり文化展」にGOIGOIを使った作品を作って応募し、その作品を次回のパーティーに展示して、コンテストを開催します。 そのコンテストで見事グランプリを獲得した方に、GOIGOIを1機プレゼント! なお、GOIGOIは本パーティー翌日からFablab setagaya at IIDβに設置され、誰でも使えるようになりますのでみなさまふるってご参加下さい。」

本日のアイディアソンのアイディアを形にしてもよし、新しいアイディアもよし、もちろん本パーティーに欠席した方もOK!

ものづくり文化展に応募する必要があります。応募方法などはこちらから。

 

◇-◆-キーンコーン <終わりの会> カーンコーン-◆-◇

 

定時時刻の20:00を少しだけ過ぎてしまいましたが、ここで本日のパーティーはおしまいです。 本部から以下のとおりお知らせをさせてもらい、全員で集合写真を撮って、お開きとなりました。

ご参加いただいた方、本当にありがとうございました。

ぜひ、今日の「つながり」がずっと続きますように♪

 

 

ものづくりマッチング成立報告書 – 2016年6月5日

14089099_1156771594382963_2267866002807124112_n

最後に、ここに本日成立したものづくりマッチングを報告致します!

 

●ヒラメキ工房 関場純さん & MaBeee 岡本康太郎さん

関場さんの活動の一環、小学校でのワークショップにMaBeeeを使った内容でやりましょう!と話がまとまったようです。(写真左下)

 

●japaname石井将文さん & イラストレーター矢吹俊さん

japanameでイラストレーターさんを探していたところ、本パーティーで発見!ハンティングされちゃったようです。(写真左上)

 

●シャカシャカぶらし歌野真理さん &  AgminateGene下山輝昌さん

下山さんの開催するイベントに出展したらいいかも、ということで改めて打ち合わせするそうです。(写真中央下)

 

●株式会社鳥杉浦 裕志さん & 年輪プレートLa Guma今西友宏さん

小さな鳥を作成するワークショップで年輪プレートを作業板として使い、完成後は飾れるプレートとして持って帰れる、という素敵なコラボレーションが成立♪(写真中央上)

 

●Bornrex 室岡拓也さん & ウェディングドレスデザイナーコタキマリコさん

今度Bornrexでウェディング関係の子会社を立ち上げるにあたり、ぜひデザイナーとして参画してもらえれば、とのこと!(写真右上)

 

以上5組10名様のマッチングが成立し、未来さんお手製のキウイのチーズケーキを贈呈いたしました。

 

◇-◆-キーンコーン <おしまい> カーンコーン-◆-◇

 

● 次回開催日は2016/9/4(日)です!

次回第8回は9/4(日)に開催します。 通常コンテンツに加え、上記のGOIGOIコンテストの開催があります。ぜひぜひご参加を待ちしております。

→開催についてはFacebookページを「いいね」して情報を受け取ってください

それでは、また9/4(日)にお会いしましょう! レポーター:内田 早紀

<追記>

●当日のアイデアソンの様子をオリジナルマインドさんがHPでレポートしてくださいました!

morihikari のプロフィール写真

投稿者: morihikari

第6回Make Network Party レポート

2016年3月1日 (レポート)

2016年3月6日(日)、東京都世田谷区のIID 世田谷ものづくり学校で、第6回ものづくり交流会「MAKE NETWORK PARTY」が開催されました!

top

 

 

◆「MAKE NETWORK PARTY」とは?

「MAKE NETWORK PARTY」とは、文字通り「MAKE=作る」をテーマにした大交流パーティー!
「ものづくり」という共通のテーマをもとに、普段の活動ではなかなか接点の持てないクリエイターや町工場、メーカー企業の方々との出逢いの場を作りたい。
そして交流を通じて、それぞれの世界がもっともっと広がっていったら……そんな想いから始まりました。
分野の枠を越えた出逢いは、新しい考え方や価値観、技術や知識のみでなく、実質的な支援や協力を得られたり、新たな仲間とタッグを組んで新商品・サービスの開発へと発展したりするケースも実際に生まれつつあります。

 

 

◆ 個性あふれる作品がズラリ!交流展示会

14時より会場がオープンし、展示交流会が始まりました!
ものづくり交流会なので、自分の作品やプロダクトなど、「もの」を持ち寄って交流するのが一番盛り上がります。 ロボットやアプリ、特殊マスクやアクセサリーなど持参した「もの」を実際に見せ合うことで、新たな発見があったり、技術の交換やヒントを得られたりと、参加者同士が自由にゆっくりと交流できる時間です。

product

 

◆ ボーンレックスさんによる資金調達ノウハウ講座開催!

how_to

参加者それぞれ様々なものづくりに挑んでおりますが、お金の壁にぶちあたることが多いのは共通の悩みです。
そこで今回は、その障害を切り開くヒントが得られないかということで、資金調達などの新規事業立ち上げを総合的にサポートをしている、株式会社ボーンレックス代表 室岡拓也さんをお呼びして、資金調達のノウハウを伝授していただきました。「Aさんが事業を拡大していくためにどうしたらいいですか?」という問いかけから、参加者全員が頭を使って考えながら資金調達の実践的な方法を学びました。
今後も、ものづくりに役立つ講座を特別企画として開催していきますよ!

 

◇-◆-キーンコーン カーンコーン-◆-◇

 

◆ いよいよ開始!始まりの会

司会はラヂオつくばのパーソナリティーとしてもお馴染みの白濱優子さん! 今回も鋭いツッコミを入れつつ会場を湧かせていました(^^)

 

はじめに、MAKE NETWORK PARTY代表 加藤太一よりパーティースタートの挨拶☆ —————————————— 「ものづくりを愛する人を応援していくのがこの交流会の趣旨です。ものづくりの業界はとても広いですが、自分とは異なるジャンルとつながることでヒントが得られて新しいものが生まれていくことが多いです。今回も参加者それぞれ得意分野が異なるので、情報や技術の交換ができるような相手とつながれることが、この交流会の一番の価値と考えています。」(一部抜粋)

——————————————

このパーティーが生まれたきっかけや、この場・機会を通じて参加者みんなのものづくりを支援したいという想いを伝えさせていただきました。

 

もう一つ、この日ついに本パーティーの会場でもあるIID 世田谷ものづくり学校の1階にオープンしたばかりの「メイクネットワークマンション」についてもご紹介!

mnm

—————————————— 「クリエイターの皆さんは、それぞれ様々な作品やプロダクトを作ってきたと思いますが、長くても約一週間の展示で、家の片隅に眠ってしまっているパターンが多いと思います。 『もっと長く、もっと多くの人に見てもらいたい!』その想いを叶えるべく、長期間の常設ができるような展示ボックスをIIDさんに作ることになりました! “クリエイターズマンション”というコンセプトで、各クリエイターが自分の部屋を作るという形の展示ボックスです。現在共感してくれたクリエイターの力でマンションを作っています。 いまなら空室もあり!希望者は一緒にこのマンションを作っていきましょう〜!!」

——————————————

まだプレオープン段階ですが、マンションには既に素敵な作品が展示されています。
ぜひぜひ見てみてくださいね!

 

 

◆ 乾杯〜!

kampai

乾杯の音頭はさきほど講師をしてくださった、株式会社ボーンレックス 代表 室岡さんです。
「クリエイター、デザイナー、ビジネスをする人たちと、三者三様だが、皆がこの会場に集い、それぞれの道を一生懸命進んでいこうとしている感じが素晴しい。」
と熱く乾杯の挨拶をしてくださりました!
我々運営の想いが参加者を巻き込んで少しずつ形になってきているのかなと思って嬉しくなりました(^^)

 

 

◆ 今回も個性派揃い!ものづくりライトニングトーク

1時間目はパーティーに参加しているパートナーとクリエイター、それぞれ有志の方々による活動紹介タイム。
※クリエイター:デザイナー&アーティスト&エンジニアなど新しい作品やプロダクトを作り出したい個人など ※パートナー:材料道具メーカー&シェア工房&加工サービスなどものづくりをサポートしていきたい会社など
短時間ですが、できるだけ多くの希望者に自身の活動アピールをできる場を作ることで、参加者同士のマッチングが生まれやすいようにしています。
今回は下記の方々が登壇してくださいました!

 

◎パートナーズ

■ものづくりシェアすぺーす『kichi(キチ)』by加藤 太一さん

LT01_sharespace 作る場所が欲しい!というニーズに応えるべく、クリエイティブ不動産さんとコラボして、現在構想中のものづくりシェアすぺーす『kichi(キチ)』。 現在絶賛仲間募集中だそうで、加わりたい人は今!今ですよー!

 

■『小屋女子計画』 by新建新聞社 住宅メディア事業部 藤井 いくみさん

LT2_koya 「手作りの楽しさを伝えたい」という目的から生まれたこの2つのアイディア。 ①家型段ボールキット ②小屋女子DIYカフェ 「物置き」のイメージが強い「小屋」ですが、実はそこにはワクワクが詰まってるんですね! 様々なワークショップやコラボプロジェクトが遂行中です。 →詳しくはコチラ

 

■『ミユキアクリル』by小野 雅也さん

LT3_miyuki 本パーティーの協賛パートナーズでもあるアクリル専門加工工場、ミユキアクリルさん。 今回はアクリルを曲げる際に使う曲げ型を会場にもってきてくださいました! ゴツゴツしてて重そうなこちらの道具、実は跡継ぎの職人さんがいないため、今はもはや作れない道具なんだそうです。その貴重な道具で新しいアクリル商品を作ろうと、ワークショップを開催予定。現在アイディア絶賛募集中だそうですよ! →ミユキアクリルHP

 

■『Makuake』by森 恵さん

LT4_makuake こちらも本パーティーの協賛パートナーズ!資金調達だけではないクラウドソーシング、Makuakeさん。 伊勢丹や渋谷MODIといった大型商業施設にて、プロジェクト商品・サービスの展示会も開催しているそうです。 量産前にWEB上だけでなく、リアル店舗に出して消費者の反応を見れるというのは嬉しいですね! →ご相談はコチラから

 

 

◎クリエイター

■『Cape Design(ケープデザイン)』by間野 晃功さん

LT5_cape 新しいフィッシングスタイルを立ち上げる、Cape Designさん。 手作りルアーなどの釣り用品のみでなく、LINEスタンプ「でこ丸くん」も手がけています。この日は作品展示に加え、間野さんがジャンプすると釣り竿が振動するという振動センサーを使ったパフォーマンスを披露してくださいました(^^) →Cape Design HP

 

■『ヒラメキ工房』by関場 純さん

LT6_hirameki アイデア品の試作品や販売品のレンタルボックス経営をされている、ヒラメキ工房さん。 去年11月に出演したテレビの動画を見せてくださいました。気になった方はぜひ浅草のお店に足を運んでみてくださいね! →ヒラメキ工房 HP

 

■『PhysitalMeasure』by竹腰 美夏

LT7_takekoshi 現在首都大学東京大学院生の竹腰さん。 初心者向け3DモデリングツールPhysitalMeasureの開発、研究を進めているそうで、「研究内容のアドバイスをください!」とのことでした。テクニカルな支援も募集中だそうです! →プロトタイプ動画

 

■『アイカム』by石林 典飛

LT8_icome 建築に限らず、「事・場」を創る活動を行っているアイカムさん。 今回は広告としての媒体の可能性として、「背中ディスプレイ」について紹介してくださいました。写真家とコラボして、背中に背負ったディスプレイに撮影した写真をすぐに映し出せるようにしたプロジェクト。こちらをちゃんとしたプロダクト化したいとのことでした。皆さまぜひご協力をー! →アイカム HP

 

■『株式会社 鳥』by杉浦裕志

LT9_tori 鳥を身近にするために、ワークショップや製品の企画を行なっている、株式会社 鳥さん。 現在「”肩チュンバード”推し」だそうです!小鳥が肩に乗ってるだけでも、ここまで和むとは思いませんでした!w →株式会社 鳥 HP

 

■『キューボ』by寺嶋 瑞仁

LT10_qubo 超高速クローラーロボット「キューボ」は、今最も力を入れているという時速30km以上で走っちゃう「キャタピラ」のこと。人も乗れます!ということで会場内でも実際に走らせてくれてました。乗り損ねた……(>_<) →キューボ紹介ページ

 

■『N谷工房』by中谷 ひとみ

LT11_Ntani ちょっと気持ち悪いような、それでいてクスッと笑えるモノづくりを目指す、N谷工房さん。 スワロフスキーの乳首を持つマッスルポーチ、変顔ストラップなど奇抜な作品をメインに、自身の活動をポップな動画で紹介してくださいました。現在HPは絶賛制作中だそうです(^^) →N谷工房 HP

 

■『oh!さかな屋さん』by福井 あゆみ

LT12_oh 東京湾に住む魚を紹介してくださった、oh!さかな屋さん。 都会の濁ってしまっている海に住む魚の素晴しさを伝え、身近な海にもっと関心を持って欲しいと活動しています。 →「oh!さかな屋さん」Facebookページもあります!

 

■『fabricjourney』by小瀧 真理子さん

LT13_kotaki 心と体に寄り添う洋服の仕立て屋、fabricjourneyさん。 工場の残反でオーダーメイド服を作るなど、無駄な製品を作らない徹底ぶりです。この日も残反の布やレースで作ったという白いワンピースを着て出席してくださいました。 →fabricjourney HP

 

■『Paper Parade Printing』by和田 由里子さん

LT14_ppp 紙活字(R)という紙製の印刷用活字を制作している、Paper Parade Printingさん。 紙活字を使った紙雑貨やペーパーアイテムなどの制作、デザインデータの受注やワークショップを行っているそうです。 →Instagram もやってます☆

 

■『株式会社ホープフィールド』by嘉数 正人さん

LT15_hopefield 運搬一輪車の電動化キットE-cat kitを紹介してくださいました。 女性でも楽に重いものを運べる、しかも乗れる!!農作業を楽チンにしてくれる女性はもちろん、男性にも嬉しいE-cat kitは現在テストユーザーも募集しているそうですよ!YouTubeにはこんな紹介動画もアップされています →コチラお問い合わせはコチラ

 

■『象のUNKO★elephant paper』by中村 亜矢子さん

LT16_unko ゾウのUNKOから紙を作る活動をしている中村さん。 象のUNKOペーパーのアート展の全国巡回を目指しており、当日はクラウドファンディング(レディーフォー)で北海道初進出のための資金集めをしている最中でしたが、こちらのプロジェクトは3月末に見事成立したそうです。 おめでとうございますー!!! →READY FOR?プロジェクトページ

 

■『節絵(ふしえ)』by ushio yasakiさん

LT17_fushie しつらえを日常に取り戻そう!と活動されているウシオさん。 しつらえアートプロジェクトを進行中だそうですよ! 節絵(ふしえ)ってなあに? ・・・・そんなあなたはコチラをチェック☆

 

■『株式会社エスケア』by 根本 雅祥さん

LT18_escare 食事療法のトータルサポートを行なう、株式会社エスケアさん。 「1日塩分6gで生活してください」と言われても分からないだろー!ということで生まれたサービス、”DanRan”を紹介してくださいました。ほかにも食事コーチングや食材配達サービスも行なっているそうですよ! →株式会社エスケアHP

 

◇-◆-キーンコーン カーンコーン-◆-◇

 

◆ 実験企画〜ものづくりお見合い!

この交流会の一番の価値は「つながりあう」こと。
この場で出会い、つながりあうことで、新規事業や商品に発展していって欲しいということで企画してみました!
題して、「ものづくりお見合い」!!
様々なものづくり関係者が集まることで、それぞれが得意なこと(=ものづくりCAN DO)と、それぞれが求めていること(=ものづくりWANTED)がうまくマッチングして協力関係が生まれるのを一番の目的としています。
まず「ものづくりCAN DO」と「ものづくりWANTED」を書き出した紙をもって歩き回る →とにかく話す →話す・・・ →マッチングする相手を見つける →カップル成立!(笑)という流れです。

 

短時間でしたが、WEBライター×Webメディア運営者や、イラストレーター×イラストを書いてほしい人、技術者×活動紹介で募集した技術に早速出会っちゃったかもしれないライトニングトーク登壇者などなど、今回は5組のマッチングが成立しました!

kapo

ここから新しい連携が生まれていくことをとっても嬉しく感じます。
今後もこのような新たなマッチングを生み出す交流会として、より一層価値を高めていきますよ!

 

 

◆ 多才な参加者による多彩なアイディア!アイディアソンタイム

少人数のグループに分かれ、ひとつのテーマをもとに各自がアイディアを出し合って交流するアイディアソンの時間です。 交流が目的ではありますが、そこからプロジェクトが生まれていくケースも! まずは、実際に動き出しているプロジェクトチームからの進捗報告プレゼンです。

 

●第5回アイディアソン IID世田谷ものづくり学校賞受賞:ランプシェード “スマホライトシェード”

lampshade 前回のテーマは『カラー3Dプリンタを使ったものづくりアイディア/サービスアイディア』。 ということで、IIDさんのPTAにあるカラー3Dプリンタを使って制作したものを実際に持ってきてくださいました!スマホライトの上にかぶせると、あの鋭いライトがぼんやりと柔らかな光に変化し、とってもおしゃれな雰囲気でした。現在IIDさん1Fにあるメイクネットワークマンションにて展示中です☆

 

●第4回アイディアソン ハッピーファブリック賞受賞:ペット用のテント “sea tee pee”

tent 続いて、第4回のテーマは『デジタルプリントで作ったデザイン布を遣った新しいものづくりアイディア』。 ミマキエンジニアリングさんでプリントした、試作品第1号をお披露目してくださいました。アメリカ先住民族のテントをイメージしたデザインで、今回はなんと手縫いで制作したのだそうです!こちらも現在IIDさん1Fにあるメイクネットワークマンションにて展示中です☆ 試作品第2号に向けて、パターン作りが出来る方、関連知識のある方を大募集中〜!

 

◎今回のテーマは『光をデザインできる技術を使ったカスタム商品アイディア』◎

A〜Fの6チームに分かれ、早速アイディアを出し合ってひとつの商品アイディアにまとめていただきました。

ideason

こうして今回生まれた6つのアイディアがコチラです☆
・Aチーム:イルミ光の水族館 ・Bチーム:Blooming Light ・Cチーム:TOKI ・Dチーム:水中庭園 ・Eチーム:光カレンダー ・Fチーム:寝てる時に起きてるよメガネ

 

 

◆ アワード発表!

今回のアイディアソンでは、先ほどの6つのアイディアのなかから下記チームが各賞に輝きました☆

・IID 世田谷ものづくり学校賞:Cチーム「TOKI」 家の障子をこの技術を使って近未来的に作るというアイディア。 >>前回アイディアソンのランプシェードと近い感じで面白いんじゃないかと思い、選びました。(IID:鐘井さん) ・ボーンレックス賞:Fチーム「寝てる時に起きてるよメガネ」 眠たくて目をつぶるとメガネに印刷された目が開く仕組みのメガネのアイディア。 >>アイディアが斬新。まばたきの回数をカウントしビックデータ化して、感情とまばたきとの関連性を分析してヘルスケア商品にできたりもするのかなというビジネス的な多角性を感じました。(ボーンレックス:室岡さん) ・MUTOH賞:Bチーム「Blooming Light」 ウェディング用のアクセサリーとして光るアクセサリーのアイディア。 >>案を見たときにイケると思いました。写真を印刷できるのは強い。これは売れる商品です!(ムトー工業:太田さん)

 

award3team

ここから実際に動き出すチームは、協賛してくださっている企業様から様々な形で支援・協力をいただきながら、アイディアを形にしていきます。 今回発表してくださった“スマホランプシェード”や、“sea tee pee”のように、プロジェクトの進捗や試作品などは次回以降のお楽しみですね!

 

 

◆ 最後にお知らせ4連発!

1)次回開催日が決定しました 次回第7回は6/5(日)に開催します。ご参加お待ちしてまーす! 2)IID 世田谷ものづくり学校1階に「メイクネットワークマンション」がオープンしました 前回より初代住人を募集していた展示BOX「メイクネットワークマンション」がパーティー当日3/6(日)についにオープンしました! また空室があるので、希望者はご連絡くださいね。 これまで本パーティーに参加してくださったことのある方なら無料で作品を展示できます☆

3)IID 世田谷ものづくり学校”PTA”がリニューアル! 名称を『FabLab Setagaya at IID』へと変更し、4/13に待望のリニューアルオープンを果たしたそうです! →詳しくはコチラ☆ 4)デザイン本でMAKE NETWORK PARTYが紹介されました 『デザイナーズFILE 2016』という大型のデザイン本に、MAKE NETWORK PARTYで生まれたアイディアのプロトタイプ等が見開きで掲載されています。見かけたらぜひ手に取ってみてください☆

 

◇-◆-キーンコーン カーンコーン-◆-◇

 

今回もたくさんのご参加ありがとうございました。これからもMAKE NETWORK PARTYをよろしくお願いします!

 

ではまた6/5(日)に会いましょう!

 

morihikari のプロフィール写真

投稿者: morihikari

祝1周年☆ 第5回Make Network Party レポート

2016年2月2日 (レポート)

2015年12月6日(日)、東京都世田谷区のIID 世田谷ものづくり学校で、
第5回ものづくり交流会「MAKE NETWORK PARTY」が開催されました!

top

 

◆ 祝一周年!!

2014年12月より季節に一度開催してきた当交流パーティーは、今回で一周年!
それを記念した特別企画もあり、内容盛りだくさんな第5回となりました。

 

◆「MAKE NETWORK PARTY」とは?

「MAKE NETWORK PARTY」とは、文字通り「MAKE=作る」をテーマにした大交流パーティー!
「ものづくり」という共通のテーマをもとに、普段の活動ではなかなか接点の持てないクリエイターや町工場、
メーカー企業の方々との出逢いの場を作りたい。
そして交流を通じて、それぞれの世界がもっともっと広がっていったら……
そんな想いから始まりました。
分野の枠を越えた出逢いは、新しい考え方や価値観、技術や知識のみでなく、自身の活動に対する支援や協力を得られたり、
新たな仲間とタッグを組んで新商品・サービスの開発へと発展したりするケースも実際に生まれつつあります。

 

◇-◆-キーンコーン カーンコーン-◆-◇

 

◆ 多種多様な作品がズラリ☆展示交流会

16時からの大交流パーティー開始に先駆け、14時からは各自の作品を展示した展示交流会。
展示ブースいっぱいに並ぶ作品を肴に、会場のあちらこちらでものづくり談義に花を咲かせました。

02.展示作品

 

◆ 一周年特別企画☆ Makuakeクラウドファンディング講座開催!

最近ますます知名度の上がってきたクラウドファンディングサービス『Makuake』。
この日はMakuakeを運営する(株)サイバーエージェント・クラウドファンディングの喜多さんが直々に、
クラウドファンディングとは何ぞやというところから、具体的な活用方法までレクチャーしてくださいました。

03.makuake

この日のために作成したというとってもわかりやすい企画シートをもとに、実際にプロジェクトをクラウドファンディングに出すとしたら、
何をどういった視点で用意したらいいのかを各グループに分かれワークショップ形式で考えてみました。
クリエイティブな活動家たちが集まっているだけあって、短時間のワークでしたがかなり具体的なプランが上がってきて仰天でした。

 

◇-◆-キーンコーン カーンコーン-◆-◇

 

◆ 0時間目 始まりの会

今回ももはやお馴染みとなりつつある、ラヂオつくばのパーソナリティー、白濱優子さんの進行で始まりました。
当パーティー実行委員代表の太一さんより、まずは始まりの挨拶。

start

一周年の節目を迎え、このパーティーの始めるきっかけや今後の展望について語りました。
「ものづくりは、アイディアから設計・製作、そして販売まで、一つのスキルや業種だけでは完結しない。ここに来れば自分とは違う特技をもった人たちに出逢える、自分のものづくりへのヒントや協力が得られる、新たなアイディアがひらめいたりコラボレーションが始まったりと今後の活動や表現の世界が広がる。そんな期待を抱いて参加してもらえるような場にこれからもしていきたい。」
(一部抜粋)
ということで、いよいよパーティー開始です! 「かんぱーい!」

 

◆ 今回も個性派揃い!ものづくりライトニングトーク

1時間目はパートナー、クリエイターそれぞれの有志の方々による活動紹介ライトニングトークの時間です。
(以下、敬称略)

 

■ものづくりシェアすぺーす『kichi(キチ)』・加藤太一

P1_kichi 絶賛企画中のものづくりが好きな人のための新タイプのシェアスペース『kichi(キチ)』についてご紹介くださいました。 気になる方はぜひこちらのfacebookページを訪ねてみてくださいね!

 

■ものづくりコミュニティ『MAKERSリンク』・小林 和好(代理)

P2_makers 参加は自由!活動内容も自由!ものづくり好きが自由に制作活動をするコミュニティ『MAKERSリンク』。 共通の興味をもつ仲間と共にものづくりを始めたい人にはオススメですよ!

 

小林鋲螺(びょうら)株式会社・小林 和好

P3_sequa 先ほど紹介してくださったMAKERSリンクのうちの一つで、ご自身の所属するプロダクトグループ『SEQUA』が量販まで見越して制作している「お知らせテントウくん」をご紹介くださいました! 「お知らせテントウくん」の魅力がたっぷり詰まったオリジナルプロモーションMOVIEが印象的でしたね!

 

ヴァロラド株式会社・鈴木 隆彰

P4_valo オンリーワンプロダクトでハイブランドマーケットの創設支援をされています。 1,000万円の自転車、9.6億円のiPadなどが売れる市場がこの世に本当に存在するんですって!

 

メガワークス株式会社・永井 義昭

P5_megaworks ダイカスト鋳造、マシニング加工、アルミ・ステンレス加工のスペシャリスト。世界スカル化計画を進め、デザイン重視の、デザインから入った「スカルツールズ」というブランドを立ち上げ中です。 ロックが好きだからヘビーメタルな名前をつけたくて「メガワークス」という名をつけたという創業当初のエピソードも発表してくださいました。

 

『39Meister』Bornrex & Co., Ltd. 室岡 拓也

P6_Bornrex-&-Co.,-Ltd ものづくりのサポートNTTdocomoと協定し行っている、ものづくりベンチャーのためのハードウェア製作・生産支援サービス「39meister」についてご紹介くださいました。 大手とのタイアップをしたい!制作以外にやらなきゃいけないことがありすぎて開発ができない!などといったお悩みをお持ちのクリエイターの皆さん、まずはこちらのサイトにアクセス!!

 

〜◇〜ここからはクリエイター〜◇〜

Cape Design(ケープデザイン)・間野晃功

C1_CapeDesign より多くの人に「釣りの楽しさ」を体験し、知ってもらう為に生まれたアウトドアグッズ&釣り具ブランド『Cape Design(ケープデザイン)』をご紹介いただきました。

 

La Muga(ラ・ムガ)・今西 知宏

C2_LaMuga 2014年よりひのき丸太の輪切り板材の開発を開始。2015年7月より材料として、あるいは商品化して販売を行なっている『La Muga(ラ・ムガ)』。 自作スピーカーでBGMをかけながら発表してくださいました。素材を提供してくださるので、丸太の輪切り板材なら『La Muga(ラ・ムガ)』にお問い合わせください!

 

ATEJI(当て字)・石井 将文

C3_ATEJI 日本の文字文化を世界に発信している『ATEJI』というサービスについてご紹介くださいました。 世界の漢字かなファンと書道家さんや伝統工芸品店舗などの作り手を繋げるWebマーケットプレイスとして、Makuakeにてクラウドファンディングも実施。見事プロジェクトを成功させています!

 

Moco-ya・山田素子

C4_Moco-ya 捨てられる物に価値を見出してもらいたいという想いをカタチに。 “要らないもので笑顔を生みだす”ちょっとエコなプロジェクト、「ラッキーダンボール」のクラウドファンディングにも挑戦中です!

 

Ryman Sat Project(リーマンサット・プロジェクト)・大谷 和敬

C5_RymanSatProject 普通のサラリーマンや学生が、本業の合間に宇宙開発を行なっている団体『Ryman Sat Project(リーマンサット・プロジェクト)』についてご紹介くださいました。 ミニヨンクを作る感覚で小学1年生でも自作可能な小さな宇宙船を作れる時代にしたいという想いのもと総勢60名ほどで活動中だそうです。 デザイン性に欠けているそうなので、興味のあるデザイナーさんは「かっちょいいのを作るの手伝って!」とのことですよ!

 

PACHIRA(パキラ)・新藤 倫佳

C6_PACHIRA CMや映画イベントなど活動幅を拡大中の特殊メイク・人形制作クリエイターコンビ『PACHIRA(パキラ)』。 さまざまな事例の写真をもとに、特殊メイクを紹介してくださいました。 どれも世界観が面白いです!

 

浅草こねこねんど!・山田 優子

C7_asakusa みんなで浅草を散歩し、そこで見つけた”面白いもの”を粘土でつくってアニメ化するワークショップを開催しています。 先日のワークショップの映像を見せてくれました。 親子でもカップルでもお友達でもお一人様でも楽しめそうなワークショップですね♪

 

■『クレヨン』・嶌崎 一茂

C8_crayon 飛び出す絵本、立体的な商品POPのデザイン制作を手がける『クレヨン』。アトリエにてワークショップも随時開催しているそうです。 デザイン・設計をした開く絵本や、立体的なPOPなどを実際に持ってきてくれました。 気になる方はぜひアトリエへ〜!

 

『WONDERFUL-LIFE(ワンダフル・ライフ)』・原田 武男

C9_wonderful オリジナルデザインを中心にTシャツやパーカー、のぼり等をプリント。居酒屋スタッフのユニフォーム、ノベルティ制作も手がけている『WONDERFUL-LIFE(ワンダフル・ライフ)』。 この日展示してくださった犬の模型は、PACHIRA(パキラ)さんとコラボしたものだそうです。 「水と空気以外のものとコラボするのが目標です!」とのこと。(゚o゚*)!

 

◇-◆-キーンコーン カーンコーン-◆-◇

 

ここでお待ちかねのフードが到着〜!
今回もoxoxo(ゼロバイゼロ)のごはん担当、ミキさんによるケータリングでお届けしました。

food

ポトフ、アボカドとエビのカナッペ、柿と生ハムのカプレーゼ、キッシュ、チキンのトマト煮、白身魚フリットなどなど、目でも楽しめる美味しいお料理の数々・・・・
フードコーナーにはあっという間に長蛇の列ができました。

 

「いただきまーす!」

 

◆ 一周年特別企画☆年間MVP決定戦!

2時間めは「ものづくりプレゼンタイム」。
これまで開催された全4回のアイディアソンで生まれたたくさんのアイディアの中から、年間MVPを決めました!
協賛パートナーズ様を審査員に迎え、最も多くの支持を集めたアイディアが年間MVPに輝きます。
その指標となったのは、今回このためだけに運営スタッフが開発した「にゃーボタン」。
押すと「にゃー」とリアル猫ボイスが鳴り、審査員各々が押したいタイミングで押したいだけ連打した。
会場に鳴り響く「にゃー」が非常にシュールでみんなの笑いを誘っていました。

(なぜ「にゃーボタン」を開発するに至ったのか、理由や経緯については運営に直接お尋ねくださいw)

 

今回年間MVP決定戦に名乗りを上げたのは、以下のチームです。

1)「ヒカリル」チーム(第3回「アクリルを使った新しい文房具」ミユキアクリル賞) 2)「Puta」チーム(第3回「アクリルを使った新しい文房具」IID 世田谷ものづくり学校賞) 3)「ペテンシ」チーム(第4回「デジタルプリントで作ったデザイン布を使った新しいものづくりアイディア」IID 世田谷ものづくり学校賞) 4)「YAKI LINK」チーム(第2回「バネで作る新しいプロダクト」五光発條賞)

 

記念すべき初代年間MVPに選ばれたのは・・・・
五光発條(株)が試作協力をした、肉焼きバネ、『YAKI LINK』!!
審査員たちから「54にゃー」を集め、見事4チームのトップに輝きました。

mvp

チームリーダーのhatapro 伊澤 諒太さんからは
「日本の技術を生かした製品を世界に向けて出して行きたいです」
と一言コメントをいただきました。
初代年間MVP獲得、おめでとうございます!!!

 

◇-◆-キーンコーン カーンコーン-◆-◇

 

◆ 白熱!参加者全員でアイディアソン

3時間目は毎回大盛り上がりのアイディアソンタイム!
今回のテーマは・・・・

「カラー3Dプリンタを使ったものづくりアイディア/サービスアイディア」

今回はIID 世田谷ものづくり学校内にある工房”PTA“に設置されている「カラー3Dプリンター」を活用するアイディアを考えてみました。
今回TOP3に選ばれたアイディアには、IIDより機器の貸出やビジネス化の支援などといった全面的なバックアップをしてもらえるという豪華特典付です。

ideason

今回もそれぞれのチームメンバーの個性溢れる7つのアイディアが生まれました。
・Aチーム:「あなただけのセミオーダーランプシェード」 ・Bチーム:キッチンにいろどりを。「オリジナルカトラリー」 ・Cチーム:「3Dプリクラ」 ・Dチーム:名シーンをジオラマに「インスタドーム」 ・Eチーム:「アクセサリーホルダー」 ・Fチーム:「オモイデプリンター」 ・Gチーム:「my人体模型 〜オレとワタシの体内なう〜」

 

途中「にゃー」が聞こえてくるなど、和気あいあいとした雰囲気のなかで発表が終わり、審査に入ります。

judge

 

◆ ドキドキのアワード発表!

協賛パートナーズ×運営により、今回選出させていただいたアイディアはこちら!
(以下、敬称略)

●ブロンズアイディア賞:Dチーム「インスタドーム」 人気ドラマや映画の名シーンや、思い出の一瞬をフルカラーで立体化。それをスノードームのなかに入れ、この世でひとつだけのプロダクトに。 →コスト面は若干厳しいが、夢のあるアイディアだった。(IID:鐘居) ●シルバーアイディア賞:Bチーム「オリジナルカトラリー」 色もサイズも自由!オリジナルのカトラリー。完全オリジナルでも、デザインテンプレを用意しセミオーダー式でも対応可能にしておく。結婚式の引き出物にも最適! →最大の特徴の色の表現力というのをアイディアと図面でわかりやすく表現していた点、製品とサービスという2点がミックスされていて、セミオーダーできる点がよかった。(IID:石塚) ●ゴールドアイディア賞:Aチーム「あなただけのセミオーダーメイドランプシェード」 好きな色、形を自分で選び、パーツを組み合わせて作るセミオーダー式のランプシェード。 →ぜひ実現化していきたい。IIDは全面バックアップするので、ぜひ一緒に実現させましょう。(IID:高山) prize

 

◆ パーティーも終盤・・・と、ここでビッグニュ〜ス!

『MAKE NETWORK PARTY常設展示BOX』がIIDに新設されることが決定しました!!!!∩(´∀`)∩
BOXはこんな感じです! どどーん!

iid_box

誰もが目に付く、IID 1階廊下にこれまでに当イベントに参加したことのある方の作品限定で展示ができます。
現在初期展示メンバーを絶賛募集中です!
興味のある方はお気軽に下記までお問い合わせくださいね♪
→ → → contact@makenetwork.jp

 

◆ 協賛のIID代表 高山 勝樹さんより終わりの挨拶

SONY DSC
「(今後皆さんが)どのようにものづくりに関わっていって、どのような製品が生まれてくるのかが楽しみ。協力して製品が生まれてくることが嬉しいので、ぜひ声をかけてください! アイディアによって、今世の中にない物ができてくることがある。『ものづくり』にはいろんなモノが大切だけれども、売れなきゃ継続できない。そういう面をものづくり学校では考えていきたいと思っている。このパーティーの継続、ここに参加してくれてる皆さんのものづくり活動をこれからも支援していきたい。」
(一部抜粋)

 

午後2時からの長丁場でしたが、一周年の第5回MAKE NETWORK PARTYも最後まで大盛り上がりで幕を閉じました。

09.集合写真

 

※最後にもうひとつ、大事な次回の開催日程をお知らせ!

次回、第6回は3/6(日)開催です!

お申込はこちらから

 

過去のアイディアソンでプロジェクト化したアイディアの進捗報告も随時行なっていきます。
こちらもどうぞお楽しみに〜☆
それでは、また会いましょう!

 

■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■
*当イベントに関するお問い合わせ・参加申込等はこちら↓↓
MAKE NETWORK JAPAN:contact@makenetwork.jp *過去のイベントレポート: http://makenetwork.jp/ *facebookページ: https://www.facebook.com/makenetworkjapan

 

第4回Make Network Party レポート

2015年10月21日 (レポート)

2015年9月13日(日)、東京都世田谷区のIID 世田谷ものづくり学校で、第4回ものづくり交流会「MAKE NETWORK PARTY」が開催されました!

3枚組み合わせno.1 一番最初の画像

「Make Network Party」はその名の通り、「MAKE=つくる」をテーマにものづくりに関わる人々による交流会です。

ものづくりという共通のテーマで、普段の活動ではなかなか出会えないようなクリエイターや町工場、メーカー企業の方々と各自の枠を越えて繋がることができるだけでなく、各グループに分かれてアイディアを出し合い、協賛パートナーと組んでそれを実現化するといった企画なども盛り込まれております☆

自分とは異なる活動をしている人たちと出会い、情報や知識を交換したり、コラボレーションしたり。

ここで出会い繋がり合うことで、それぞれの世界がより広がるような場がつくれたら……。

そんな想いから去年2014年12月より、季節に一回開催している交流会です!

ものづくり談義に花が咲き、途中聞き漏らしちゃった方!

惜しくも参加できなかった方!

そんな方々のために!今回も交流会の模様をレポートさせていただきます(´▽`*)ノ

 

◇-■-◇-■-◇-■-◇-■-◇-■-◇-■-◇

 

◎0時間目・展示交流会スタート!

14時に近づいてくると、作品を片手に続々とクリエイターさんたちが会場に入って来ました。

今回も個性あふれる作品がズラ~リ!

事前交流会様子画像

ひとつひとつ紹介したいところ……なのですが、ここでは写真のみとさせていただきます。

ぜひ次回、実際に見て触れて聴いて体感してみてください(^^)

 

~キーンコーンカーンコーン~

 

◎始まりの会

いよいよ第4回Make Network Party本格スタートです!

交流会スタート

今回の司会は、ラジオつくばのパーソナリティー☆白濱優子さん!

なんと家賃0円で暮らせるクリエイターのためのシェアハウス”TOLABL”在住のクリエイターさんでもあります。

ちょうどこの日9/13に販売開始した、クリエーターズシェアハウスTOLABL公式キャラクター「とらぶるくん」のLINEスタンプも白濱さんが制作したものなのだそうです!!

「トラブル」の「トラ」にかけてかわいい虎のキャラクターになってます。ぜひリンク先からチェックしてみてください♪

 

~キーンコーンカーンコーン~

 

◎1時間目・ものづくりライトニングトークの時間

ライトニングトークのお時間では、今回参加くださっているパートナー、クリエイターの有志の方々にご自身の活動を発表していただきます。

 

まずはパートナーズ編☆

トップバッターはお手本も兼ねて、本パーティーの実行委員長 加藤さんから~

■01. MAKEY 加藤 太一さん

01加藤太一

ものづくりの作り方を共有するWEBサービス”MAKEY”の紹介!

今やお料理レシピサイトとして知らない人はいないくらいに有名になったCOOKPADのものづくりバージョンを目指し、現在サイト制作中なのです。

 

■02. ミユキアクリル 小野 雅也さん

02ミユキアクリル

前回第3回パーティーのアイディアソンでは材料提供、加工協力をしてくださったミユキアクリルさんは、たくさんの種類のアクリルで商品化をしているアクリル屋さん。
 
商品は30万個売れたというパスケースや、テープカッター、アクセサリーなど多岐にわたります。レーザー7台を備え、材料も豊富にストックしているので、イラレのデータを持参するとその日に品物ができてしまうそう。

自分で部品を作りたいというクリエイターさんはどうぞコチラまで☆

 

■03. Garage Sumida 岡 達己さん

04ガレージスミダ

アイディアを形にする施設、”Garage Sumida”の紹介!

Garage Sumida”は、墨田区で約40年間金属加工を営む浜野製作所に併設されており、個人からメーカーまで規模や属性に関わらず、さまざまなアイディア、悩みを形にしてくれる力強い存在です!スタートアップ支援や、お客様同士を繋ぐ活動もされています。

筆者も去年2014年に施設見学をさせていただきましたが、最新デジタル工作機器に囲まれた近未来的な空間で、非常にテンションが上がりました!!w

浜野社長からはイベント告知☆

11/21-22には、町工場を見学して廻るツアーを行なうそうです。
町工場を実際に見て聴いて触れて楽しめるツアーになってますよ!

 

■04. (株)オリジナルマインド 中村 一さん

05オリジナルマインド

新製品の木工専用CNCのご紹介!
CNCは素材の特性を活かすのが得意なのだそうで、ナチュラルな木目調をきれいに出したいときなんかはピッタリです。

オリジナルマインさんのCNCをぜひ使ってみたいという方! 
こちらのシェアスペース“に置いてあるそうですよ~!

また、毎年開催しているイベント「ものづくり文化展2015」の作品募集が開始されたそうです。〆切は12/31。 
*詳細はコチラ

 

■05. (株)都市計画同人 藤井 元斗さん

都市

TASKプロジェクト」の一環、バスで回る工場見学「TASK工場見学ツアー」を紹介くださいました。

金属系、ファッション系などと興味のある分野を選び、工場を回れるツアー。10/8(木)開催で工場のなかにはミユキアクリルさんも入っているそうですよ!

*詳細はコチラ

 

■06. hatapro 伊澤 諒太さん

ハタプロ

9/29開催の「仕事・オフィス× IoT 」にフォーカスしたプロダクトのピッチコンテストのご紹介!

オフィスや仕事に使うモノを、テクノロジーの力で進化させ、世の中の”働く”に新たな価値を創ろうとするチームや個人を応援するプロジェクト、”Office Hack”の一環なのだそうです。 
*詳細はコチラ

 

■07. クラウドファンディングMakuake 喜多 恭平さん

03マクアケ

何かを作りたいときのクラウドファンディング「Makuake」でできることの紹介をしてくださいました!

Makuakeは、初期コストの削減のための資金調達ができるだけではありません!

テストマーケティングによるニーズの把握や、メディアに取り上げられ話題となった事例もしばしばあるそうで、プロモーションまで一気にできちゃうというケースもあるそうです。

実際にカスタムオーダー時計のKnotさんなどの例を挙げながら説明してくださいました。

 

続いて、クリエイターたちによるものづくりライトニングトーク!

■01. Cape Design(ケープデザイン) 間野 晃功さん

06間野

釣りが好きすぎて立ち上げた釣りブランド”Cape Design(ケープデザイン)“のご紹介!

ブランドロゴからルアーなどの釣り道具まで、すべてご自身でデザイン・制作しているのだそう。この日もロゴT着用でご参加くださいました。最近はオリジナルLINEスタンプ「でこ丸くんの釣りスタンプ」まで作っちゃったそうですよ!

今後は「IoT・ファッション・IT×釣り」でものづくりができたらな、とのこと。「釣り」を取り入れたい方はぜひ間野さんへ~!!

マイ釣り針でのデモンストレーションがなんともシュールでした。w

 

■02. Hiragana 國廣 沙織さん

07HIragana

日本のうつくしい言葉を世界に伝える”Hiragana”のご紹介!

文字通りひらがなをモチーフにした”Hiragana”アクセサリー。

日本人が滅多に着ない漢字がプリントされたTシャツと、好んで身につけられる英語モチーフのアイテム。この二つを融合させ、日本人が身につけたくなるような日本語のアクセサリーを作ろうと思ったのがきっかけだったそうです。

ひらがなアクセサリーを使ったワークショップも開催しているそうなので、気になる方はチェックしてみてくださいね(^^)

 

■03. MPM 兵頭 吉博さん

08MPM

「朽ちてゆく機械(Decaying Machine)」をコンセプトに動くペーパーモデルを作っている兵頭さん。

今回実物とともに紙で作ったロボットのご紹介くださいました! 
すべてのものを自分の手で作りたいという発想から紙のロボットを作ることにしたのだそうです。WEBサイトでは実際に動いている紙ロボットの動画やメイキング映像も公開されています。

ぜひサイトをチェックしてみてください(^^)

 

■04. ショッカソン やまざき★はるきさん

09やまざきはるき

昨年開催して100名以上参加した伝説(?)の触覚ハッカソン「ショッカソン」のご紹介!

あっという間に参加希望者が100名を超えたそうで、今年も9/23(水)にアイディアソンを開催予定だが、既に定員に達している(?)ほどの人気ぶり。

気になった方はコチラをCHECK!

その他にもキーボードやマウスを使わずにネットサーフィンをするためのツールの開発や、ヒャッカソン(百円ショップにうっているものでハッカソンするコミュニティ)の開催など幅広く活動されているやまざきさん。 
この日は自転車に乗らない人に興味をもって欲しい、例えば原宿系女子とか…という発想から、自転車に光るもふもふしっぽをつけちゃった作品を持参してくださっていました!

 

■05. Moco-ya 山田 素子さん

10Moco-ya

工作キットで親子のコミュニケーションを応援したい段ボールおもちゃを販売しているMoco-yaさん! 
ボイパから始まった個性的な自己紹介が強烈な印象でした。

住宅展示場の一角で、段ボール遊具で遊べるスペースの提供もされていて、なんだか移動式遊園地みたいで楽しそうです(^^)
地域のイベントなど何かコラボできるものあればぜひお声がけを!

*WEBサイトはコチラ

 

■06. きらきライト 飯島 幸太さん

11飯島幸太

クラウドファンディングに出そうと開発しているペンライト型のガジェット「きらきライト」をご紹介くださいました!

展示スペースでもキラキラしていて目を引いていたこちらの作品。残像や、音に合わせて光る機能(曲や会話に合わせて光り方が変わる)で遊び方は多種多様。この機能を利用して別のアイテムとのコラボも考えられそうな可能性たっぷりのガジェットですね。

今月9月末頃にクラウドファンディングに出す予定だそうなので、皆さんぜひ応援ください~! 
ブログでも紹介中です☆

 

■07. 月刊大人の起業 鳥海 哲史さん

11鳥海啠史

月刊大人の起業」とIntel Edison向け基盤のご紹介!

月刊大人の起業の発起人の鳥海さん。
飲み屋で友人同士でやろうという話になってやり始めた「月刊大人の起業」は、デザイン思考、ニーズから発するものづくりをコンセプトに活動するエンジニアたちによる電脳ユニットです。 

今回はVRミニ四駆を例に、Makers Fair出展に向けて開発したというIntel Edison向け小型基盤を紹介してくれました。この基盤を使えばドローンも作れるのだそう。
現在こちらのテスターメンバーを募集中!「月刊大人の起業」のメンバーも募集中とのことですよー 
気になった方は挙手!!

 

■08. アンドロイド「i.d(インテリジェント.ドール)」 石井 孝佳さん

12石井孝佳

無音で動くロボット「i.d(インテリジェント.ドール)」をご紹介!

当パーティーには2回目の参加。前回でアンドロイドのアイドルを作る構想を発表したが、気持ち悪いとフィードバックにより現在凍結中・・・

プロダクトの企画制作は一旦お休み(?)で、ハードウェア&ソフトエンジニアを必要としている方がいたら友人のヒサダさんと共に手を貸してくださるとのこと! 
御用の際は石井さんまで~☆

 

■09. みさき青空クラフト~手づくり作品市~ 山中 玲子さん

13山中玲子

マグロ中心の観光地である遠洋漁港の町・三崎を、レトロな町歩きと手づくり作品に出会える町としての魅力を加えるため、年に数回開催しているクラフト市。

次回は10/10(土)の開催で、子供も楽しめるワークショップを充実させた青空市です。クリエイターとしての参加〆切は残念ながら終わってしまっていますが、アーティストに住み良い街でもあるそうなので、今回は一般客として足を運んでみては?(^^) 
*詳細はコチラ

 

■10. Fablab Kannai Fabbotグループ 安永 健二さん

14Fab-Labo関内

ロボットキット「かんなちゃん」と、シンポジウム”FabLearn Asia“のご紹介をしてくださいました! 
「かんなちゃん」とはプラカップとArduinoで作る簡単ロボットキット。 Fablab Kannai では、かんなちゃんのワークショップを定期的にしており、子どもたちに大人気のようです(^^)かんなちゃんのスポンサーも現在募集中だそうですよ! 
*詳細はコチラ

12月12-13日に開かれる”FabLearn Asia”は、慶應義塾大ソシャール・ファブリケーション・ラボが主催するシンポジウム。教育面からこれからのデジタル・ファブリケーションの時代を考えるもので、先駆的な各国を事例に、国内外のより良い学習環境創出に向けて知見を広めていく2日間のプログラムとなっているそうです。 
*詳細はコチラ

 

■11. UMMA HAT(ウンマハート) ケントさん

15ケントさん

夫婦で行なっている「UMMA HAT(ウンマハート)」の活動についてご紹介くださいました!

アラビア語で「母たち」という意味で、これは奥さんが23年間住んでいたシリアにルーツがあるのだそうです。 
内線の激しいシリアで難民となってしまった友人たちの何か助けになりたいという想いから、室内で可能で彼女たちの得意なこと=手仕事へと結びつきました。 
現在材料が不足しているそうなので、ぜひご協力ください! 
*facebookページはコチラ

 

~キーンコーンカーンコーン~

 

今回のライトニングトークはここまで!

飛び入り参加してくださった方も含めパートナーからは7名、クリエイターからは12名の方々がご自身の活動を紹介してくださいました☆

 

さあぁ~~~~て!

ここでお待ちかね!都内を拠点に活動するインスタレーション・アート集団ゼロバイゼロの一員でもある未来さんの手作りごはんの登場~!

グラタンに唐揚げに……今回も美味しそうなお料理が並びましたよ♪

料理
 

美味しい料理を片手に、わいわいガヤガヤとかなり賑やかな休み時間もほどほどに……

次の授業を始めますよー!

 

~キーンコーンカーンコーン~

 

◎2時間目・ものづくりプレゼンタイム

前回までのアイディアソンで発表されたプロジェクトの進捗状況報告と、今回協賛くださっているパートナーズ様からの自社紹介タイム!

~前回アイディアソン成果報告~

●バネを使った新しい商品案《五光発條(株)協賛》

・IID 世田谷ものづくり学校賞『しきるくん』 by間野さん

・五光発條賞『NIKU LINK』 by伊澤さん

前回アイディアソン作品画像
 

●アクリルを使った新しい道具《(有)三幸協賛》

・IID 世田谷ものづくり学校賞『Puta』 by黒川さん

・torotec賞『3Dスケッチメモ』 by伊澤さん

・ミユキアクリル賞『ヒカリル』 by間野さん

 

以上、アイディアソンから生まれた5つのアイディアが実現に向けて動いております!
皆さんもぜひ、自分たちで考えたアイディアの実現化に挑戦してみてくださいね。次回の進捗報告も楽しみです♪

 

毎回個性豊かなアイディアが生まれるアイディアソン。

今回のテーマはこちら!

『デジタルプリントで作ったデザイン布を遣った新しいものづくりアイディア』

協賛企業挨拶

まずは協賛3社より自社プレゼンを行なっていただきました。

一番手は本パーティー会場、IID 世田谷ものづくり学校さんから〜〜〜
 

●01. IID 世田谷ものづくり学校 PTA担当の鐘居 和政さん

カネイさん

今回は会員登録で誰でも3Dプリンタやレーザーカッターなど最新デジタル機器が使えちゃうシェアスペース”PTA”をご紹介くださいました!

最新デジタル機器を使ったり、ワークショップを開いたり、アイディアを形にする技術補助をしてもらったりといろんな使い方ができそうです(^^)

9/27(日)には今日も参加くださっている”Hiragana”さんが、ひらがなアクセサリーを3Dプリンタでカラーにするワークショップが開催されるそうですよ!

*PTAについて詳しくはコチラ

 

●02. Happy Printers (株)オープンファクトリー代表 堀江 堅司さん

協賛企業ハッピープリンター

原宿にある、小さいけれど世界一ワクワクする印刷工場”Happy Printers“!

お店には4種類の機器が置いてあり、誰でも気軽にデジタルプリントができちゃうワクワクが詰まった場所です。

今回は9/29オープンするという” HappyFabric ”について詳しく紹介いただきました!

①魅力的なファブリックは再販禁止のデザインが多い

②布屋さんが今後なくなってくるのでは?

③自分のデザインをリスクなく売ることができる場がない

といった課題を解決するべく、著作権問題をクリアし、安心してファブリックを売買できる場所を作りたいという想いからこのサービスが生まれたのだそうです。

9/13現在で71名のクリエイターさんが登録してくれており、その中には今回パーティーにご参加くださっているmiuさんの作品も!

ぜひアクセスしてみてくださいね! 
HappyFabric

 

●03. 株式会社ミマキエンジニアリング 宮崎 恵利さん

協賛企業ミマキ

長野県に本社を構える業務用プリンタメーカー「ミマキエンジニアリング」!

SG(看板、床、車へのプリント)、IP(UVプリンタが活躍している市場)、TA(生地へのプリント)の3つの市場にプリンタを出しています。ミマキさんのプリント技術を駆使した車の画像を見せながら、具体的にどのような印刷技術があるのかを紹介くださいました。 
最後にはなんとまだ一般には非公開のマル秘情報を大公開!今日ここにいる人だけに教えていただきました~!こんな美味しい情報をゲットできてとってもラッキーでした♪

 

キーンコーンカーンコーン

 

いよいよチームくじ引きを行ない、アイディアソンの時間がやってきました!

◎3時間目・ものづくりアイディアソン

今回のテーマは『デジタルプリントで作ったデザイン布を遣った新しいものづくりアイディア』

中央のスケッチブックにアイディアをどんどん箇条書きするチームや、絵や図で書いていくチーム、手元は真っ白だけれども議論が白熱している様子のチーム……

アイディアソン時間

10分間のディスカッションタイムを経て、今回生まれたアイディアたちはこちら!!

 
□Aチーム「忍者ブラインド」:室内が見えないようになっているブラインド布
□Bチーム「ペテンシ」:ペット用テント布
□Cチーム「忍者シート NINJA」:カモフラージュ布
□Dチーム「隠れ迷彩布」:ロールスクリーン型の布
□Eチーム「ハッピー家族計画」:一人暮らしの女の子を守るカモフラージュ布
□Fチーム「アロマインク」:アロマインクを使った布
 

キーンコーンカーンコーン

 

◎帰りの会・表彰式、集合写真撮影

アイディアソン結果発表!

 
今回受賞したのはこちらのアイディアです。

★IID 世田谷ものづくり学校賞:Bチーム「ペテンシ」 
テントの内側と外側でプリントを変え、内側はペットが喜ぶような落ち着けるようなペットに思いのアイディア。
高山社長がペット大好きなことからこちらを選出されたそうです。

  

★ミマキエンジニアリング賞:Eチーム「ハッピー家族計画」 
角度のよっては部屋の中が見えて、女性の一人暮らしということがバレると防犯上危ない!そこであたかもオトコがいるかのような演出をしてくれるそうです。
タイトルとは裏腹に本当に女性の安全を考えてくれていたことがわかり感銘を受けたので選びました、とのことでした。

  

★ハッピープリンターズ賞:Cチーム「忍者シート」 
好きな女の子をお持ち帰りした時に、むちゃくちゃな部屋をさらっと綺麗な部屋に早変わりしちゃえるなど、事例がちょっといかがわしいですが(笑)、一瞬で違う空間を演出できちゃうという点で好評価をいただきました。
「隠れ迷彩布」もあって迷ったのだが、何かで誰かが幸せになるという楽しげな理由の方がいいなということで選んだそうです。

  
受賞チーム3連

以上!結果発表でした!

 

◇-■-◇-■-◇-■-◇-■-◇-■-◇-■-◇

 

今回もたくさんの方々に参加し楽しんでいっていただき、感謝感謝で最後に記念撮影。 
第4回Make Network Partyは幕を閉じました。

SONY DSC
    

次回は12/6!

このイベントの1周年記念となる第5回目のパーティーです。

毎度前回を上回る大盛況ぶりで継続してこれているのは、皆さんがこうして楽しんで繋がって活動の輪を広げていってくださっているおかげです。

みなさん、また12月に会いましょう!

そしてこのレポートを見て興味を持ってくださった方、ぜひ次回ご参加くださいね♪

 

それではまた☆

第3回 Make Network Party レポート

2015年6月24日 (レポート)

2015年6月6日(土)、東京都世田谷区のIID 世田谷ものづくり学校で、第3回ものづくり交流会「MAKE NETWORK PARTY」が開催されました!

土曜日の午後というゴールデンタイムにも関わらず、当日は約70名の“ものづくりびと”が大集結。前回に引き続きエネルギーあふれる1日となりました。

 

クリエイターから町工場まで枠を越えてつながり合う
“ものづくりびと”の大交流会!

1372.1729.1848

「MAKE NETWORK PARTY」はその名の通り、「make=つくる」をテーマにした大交流会。

デザイナーやエンジニアなどの「ものづくりクリエイター」から、町工場や道具メーカーなど「ものづくりパートナー」までが一堂に会し、各自の枠を越えてつながり合います。

ものづくりという共通のテーマで、自分とは異なる活動をしている人たちと出会い、情報や知識を交換し合ったり、コラボレーションしたり。つながり合うことで、それぞれの世界が広がるような場がつくれたら……。

そんな思いのもと、昨年の12月に第1回目を開催。 以来3ヵ月ごとに開催しており、今回で第3回目を迎えました!

作品の展示会からプレゼンテーション、ものづくりアイデアソンなど盛りだくさんの交流会ですが、第1回目や第2回目の“ものづくりアイデアソン”で生まれた企画が、商品化に向けて動いているという話も……!?

 

気になる詳細は下記でお届けしていきましょう。
さぁ、Let’s check it out!!

 

多様な作品や素材がずらり、さながらアートミュージアム?!「事前展示交流」

展示ブースには今回、15組を超えるクリエイターやパートナーの方々が作品などを展示してくれました。

展示交流まとめ画像

ひとつひとつ詳しくご紹介していきたいところですが、ここではお写真のみでお届け。というか、百聞は一見にしかず、なんですほんとに。
見て触って嗅いで動かして……ぜひ次回はあなたも会場で実際にいろんな作品たちを“体感”してください!

展示作品の一部は、下記に出てくるプレゼンテーションでもご紹介していきます。

会場は満員状態。ものづくり交流パーティ、スタート!

ゆるやか~におしゃべりを楽しむ展示交流タイムを経て、16時からはいよいよ本格的な交流プログラムがスタートです。今回の司会はプロダクトデザイナーの山崎珠菜さん!とっても明るく交流会を率いてくれます。

さっそく開会挨拶は「MAKE NETWORK」立ち上げ人・代表の加藤太一さんから。

「これまでものづくりというと技術やノウハウを隠す文化があったけれど、今後はつながりあってもっと情報交換をしてよりよいものを生み出していけたら。今日この場に集まってくれた方々はもちろん、日本全国にももっと多くのものづくり関係者がいると思うので、長期的にはWEB上でもつながりあって情報交換ができるプラットフォームをつくっていきたいと思います」

1422

続いてさっそく乾杯挨拶、の前に……。
協賛いただいているミユキアクリルの小野雅也さんが、実は本日誕生日ということで(おめでとうございます!)、皆で拍手のお祝いです! イベント後半で行うアイデアソンで、「みんなでアクリル商品の素晴らしいアイデアを考えてプレゼントしよう」と太一さん。

これに続きミユキアクリル会長の小沢頼孝さんから乾杯の挨拶をいただきました。

「笑顔と元気で、ものづくりのために! 乾杯!」

1425

 

我こそはという参加者が次々に活動紹介をしていく、ライトニングトーク。クリエイター編と、パートナー編の2編に分けてお届けしていきます。

11組のパートナーが、続々クリエイティブな取り組みを紹介!

「ものづくりライトニングトーク」パートナーズ編

ではさっそくパートナー編から。
続々11組、いきますよー!みなさん、準備はいいですか?!

 

■01. 湘南工房プロジェクト    加藤 太一  

1442,スクリーン

プレゼンタイトルはずばり、「湘南にクリエイティブな拠点をつくる!~野外活動センターの再生」。逗子市野外活動センターという、現在使われていない施設をシェア工房&住居として生まれ変わらせるべく、行政とプロジェクトを進行中だそう(2年後オープン予定)。

また、自分の工房がほしいけれど2年も待ちきれないよという人は、逗子の隣の東逗子駅で、安く借りられる工房向けの物件があるとのことで、共同で借りてみたい人募集中だそうです。

 

■02. 株式会社 東京商会+平出紙業株式会社    大塚宜輝

1312.1451

18000種類のファンシーペーパーを小ロットで販売するサイト「The PaPer Life.com」を運営する大塚さん。Webサイトにはテキスト情報のみで、「見本帳を見て、実際に触って注文してもらう」というコンセプト。

現在はオフィスに見本帳があるそうですが、今後は「ブックカフェと提携しながら、ファンシーペーパーの販売環境を全国で整えていきたい」と展望を語ります。

 

■03. ものづくり.com  熊坂 治              

1452,hp

事業戦略や製品規格、コスト削減、納期短縮など、現代のものづくりには課題が山積み。「ものづくり.com」は、そんな課題を解決してくれる情報が集まったサイト。中でも人気のQ&Aコーナーでは、質問に対して知識豊富な専門家集団が無料で回答してくれるのだそう(!)。

26年前、自分が重大プロジェクトで大失敗をし、その直後に解決方法を知ったという経験から、「そういう思いを皆さんにはしてほしくなくて」このサイト作ったと思いを語る熊坂さん。会員登録するとQ&Aコーナーも利用できるそうなので、ぜひ利用してみては。

 

■04. HanaLab.    住谷 もえみ

1459.hp

東京からは約1時間半、長野県上田市のコワーキングスペース「HanaLab」。2012年に長野県初のコワーキングスペースとして誕生したそうです。

行政や大学、地元の製造業との連携が強みの「Hana Lab.」では、大学の設備も使用可能なうえに、補助金申請や特許のサポートなど多方面からの強力なバックアップが期待できるとのこと。プレゼンの締めくくりに、上田市にちなみ、「ウエー」という住谷さんのかけ声にあわせて、「ダいなまいと!」と会場が声を合わせる一幕も(笑)。

 

■05. 株式会社クリーマ    遠山 慎一  

1475.hp

個人のクリエイターの方が直接売買できるハンドメイドのマーケットプレイス、「Creema」。現在は月間ユーザーも数百万人にのぼる人気サイトです。

一方で、新宿のルミネにショップを展開したり、東京ビッグサイトで「ハンドメイドインジャパンフェス」を開催するなど、リアルの場にも広げているとか。今後も「Webとリアルを連動させていきたい」と遠山さん。クリエイターとのコラボ企画も検討中だそうですよ。

 

■06. 株式会社オリジナルマインド    中村 一   

1480.hp

最近は3Dプリンターなど「積み上げて形づくる」ものが脚光を浴びていますが、それとは対照的にブロック状のものを「削って形づくる」のがCNC。個人には手に入れづらいCNC機器を、個人向けに製作してリーズナブルに販売している「オリジナルマインド」。

「例えば木を削って木目調を活かす、などは3DプリンターよりもCNCの方がイメージ通りの表現ができる」と中村さん。イメージによって機器を選択することで、表現の幅が広がりそうです!

 

■07. Garage Sumida 岡 達巳

1491.hp

Garage Sumida」は、創業から40年以上にわたって墨田区で金属加工業を営んできた株式会社浜野製作所が運営する、ものづくりの総合支援施設。3Dプリンターやレーザーカッター、CNC加工機などの最新機器を備えているのも魅力ですが、一番の特徴は「40年近く培った金属加工技術の職人の世界と、デジタルファブリケーションの融合」と岡さん。

墨田区にある数百の町工場が協力しているとのことで、ジャンルや個人・企業などの属性を問わず、ものづくりに熱い人々のHUBとなっているようすが伝わってきました。

さらに、当日は飛び入り参加のプレゼンターも続々! 皆さんどんどん手があがります。

 

■08.ブロードバンド推進協議会 木村 悠

1503.hp

ソフトバンクグループが立ち上げた、「一般社団法人ブロードバンド推進協議会」。テーマがIoT(Internet of Things/モノのインターネット)デバイスということで、無料で参加できる「IoTものづくりセミナー」などを開催しているそうです。

第1回はプロトタイピング・電子回路がテーマで開催。今後も続々セミナーが予定されているとのことなので、気になる方はサイトから要チェック!

 

■09.小林和好株式会社 小林 和好

1517.hp

小林さんから紹介いただいたのは、株式会社 栗原精機が2013年に立ち上げたFacebookグループ、ものづくりコミュニティ「MAKERS LINK」。

製品開発のために、いろいろなひとのアイデアや技術を活用としようということで、Web上で情報交換をしながら、連携して、実際に商品を売り出すところまで実業の方が行うとのこと。異業種のものづくりグループつながりで、ぜひMAKE NETWORKもコラボさせていただけたら…♪

 

■10. ミマキエンジニアリング 小宮山 善満

1522.hp

「いろんなものにプリント、カットをする機械の製造をやっています」とわかりやすい説明から入ってくれた、「ミマキエンジニアリング」の小宮山さん。最近需要の高いファブリック印刷、つまり生地に印刷のできるインクジェットなども作っているとのこと。

「こんなものにプリントできませんか?こんなもの切れませんか?」という問い合わせは大歓迎とのことなので、こんなことやってみたい…という方はぜひお声がけを。

 

■11. BORNREX 室岡 拓也

1536,hp

「夢をあきらめるな、実現せよ」をキャッチコピーに、新規事業の立ち上げサポートなどを手がける、「株式会社ボーンレックス」。ものづくりについても「創りたい人」と「創れる」人の溝を埋めるべく、120社ほどのパートナーとともに、製品の施策から量産、それに必要な資金調達などまで、一気通貫サービスでサポートを行っているそうですよ!

 

さて、飛び入りも続出のライトニングトーク、「パートナーズ編」、いかがだったでしょうか?

技と設備、知恵を持ち寄っていろんなコラボが生まれそうですね。

 

個性豊かな9組のクリエイターが会場を次々と魅了する!
「ものづくりライトニングトーク」クリエイターズ編

 ■01. Ouma(オーマ)   小俣 智子  

1539.1395

前回に引き続き、トップバッターはOuma(オーマ)さん。家賃0円クリエイターズシェアハウス「TOLABL」の住人でもある彼女は、元獣医師。今は細胞をテーマにしたアート活動と共に、クラウドファンディングの勉強会も主催しているそうです。

この日は第1回Make Network Partyのアイデアソンを機にスタートして進行中の、三菱製紙の積層プレスボードを用いたアップサイクルプロジェクトを紹介。また、当日の展示ブースには、こんなかわいいバネのペン立てを出展されていました♪

 

■02.象のUNKOelephant paper    中村 亜矢子      

1335.1546

「ときどき多摩川の河原で象のUNKOを煮込んだりしています(笑)」との発言で、会場を一気に引き込んだ、象のUNKO★elephant paperの中村さん。もともと動物園で1年半勤めていたという彼女は、アートと環境保護の融合を目指すというテーマで、象糞紙づくりを行っているそうです。

このペーパーを通して、象牙目的の密猟で絶滅の危機に瀕している象の現状を知ってもらいたい、売上の一部を象を守る団体に寄付して保護に役立てたい、と思いを語ってくれました。

 

■03. Cape Design(ケープデザイン)    間野 晃功      

1550.line

本業はWEBデザイナーという間野さん。釣りが好きということで、これまでも犬型のルアーをつくって販売していたり、LINEスタンプ(でこ丸くん釣り)をつくったりと、多方面で活動中。

現在はIoTルアーを試作中とか。「iPhoneBluetoothで連動させて面白いルアーをつくりたい」そうなので、興味のある方はジョインしてみては?!

CATCH & PEACE(キャッチアンドピース)をモットーに、新しいフィッシングスタイルを提案するアウトドアグッズ&釣り具ブランド「CAPE DESIGN(ケープデザイン)」

 

■04.株式会社ハタプロ    伊澤 諒太   

1562.hp

日本と台湾のIoTクリエイター集団、ハタプロIoTとは、「Internet of Things(モノのインターネット)」の略で、身の回りのあらゆるモノがインターネットに接続され、相互にデータをやり取りすることで、新しい価値を生み出すことです。

2015年はIoT元年とも呼ばれ、勢いを見せている分野。IoT×インテリアなどのキーワードに興味のある方はコンタクトしてみては。

 

■05. miou(みう)      

1326.1563

カラフルなヒト型のぬいぐるみをつくる「おにんぎょうづくりワークショップ」をはじめ、国内・海外のアーティストとコラボしたさまざまな作品の制作を手がけるmiou(みう)さん。

3年前に知り合ったプログラマーの方と『sept et miou』というユニットをつくり、光る、動くなどの新しいものづくりを始めたそう。次の目標は「飛ぶ」ものの制作準備中とのこと! 見ているだけで楽しくなってしまうmiouさんの作品たち。今後も楽しみですね。

 

■06.山崎 珠菜           

1309.1571

当日の司会を務めた、素敵な笑顔でばっちり、プロダクトデザイナーの珠菜さん。 

当日の展示ブースには、『菓器-KAKI-』と題し、和菓子の落がんを3Dスキャナーでデータ化して磁器にした作品を出展。木型職人が減少するなかで、日本の文化を新しいアプローチで受け継ごうとする思いが込められているそうです。「JUNA YAMAZAKI

 

■07.  hama  ハマナカ ナオキ              

1578.hp

中延駅近くでファブリケーション工房をやっているハマナカさん。小学生から参加できる教育コンテンツとして、プラカップにマイコンを搭載したファブボット「かんなちゃん」をつくるワークショップなどを行っています。hamade.cc を運営するハマナカデザインスタジオ「at.Fab

自分でプログラミングして動きをつくれるというのはわくわくしますね。展示ブースで「寝落ちしかけ」のかんなちゃんに会いましたが、うとうとした後、首をフルフルッ!として起きようと頑張っている姿がかわいかった……。

 

■08.動物園ライター さかい ともこ

1350.1583

新しい動物園の見方を提供したい!という思いで、動物園ライターとして、散歩人として、繋ぐ人として、活動しているというさかいさん

これまでも、大人のための動物園ツアーなど、「かわいい」と「かわいそう」だけでは終わらない動物園の可能性を発信し続けています。夢は、日本の動物園を学びの場にすることだとか。動物園で面白いことやりたいという方、声をかけてみては。

 

■09.  コクヨ株式会社 / 品モノラボ運営チーム / プロジェクションカードバンド 稲垣 敬子   

1586.hp

お仕事からプライベートまで幅広くものづくりに携わっている稲垣さん。クリエイターとして、展示ブースに出展していたのはスマホの画面を使って遊ぶ新感覚のカードゲーム、プロジェクションカード。カードをかざすとゴーストの写真が現れるぜひサイトからムービーを見てみてください。

一方で「KOKUYO DESIGN AWARD」の告知も。毎年1000件以上の応募がある人気のデザインアワード。2015年の応募締切は7/31、グランプリは200万円。ぜひチャレンジを?!

 

 

今回のテーマは”アクリルを使った文房具”!

熱気に包まれた「ものづくりアイデアソン」

毎回、協賛企業さんのなかから提供いただける素材を選び、グループに分かれてその素材をつかった商品アイデアを考える「ものづくりアイデアソン」。

まずは前回のアイデアソン、五光発條の「バネを活用した新しい商品案」で受賞した3チームのその後を共有。ちなみに3チームとも前回のイベント後、五光発條の工場見学に訪れたそうです!

・マクアケ賞:Cチーム               

工場見学でバネの可能性の高さを感じたというCチーム。受賞時はハイテククッションをつくろうとしたが挫折。チームメンバーにアート系の人間が多いので、アニメーションをつくろうと企画中。

IID世田谷ものづくり学校賞:Eチーム                        

アイデアソン当時とはガラリと変わったものの、新たな構想を得て試作品が完成!その名も「しきるくん」。簡単に言うと、「突っ張り棒の板バージョン」です。「今後は接地面をいろんな角度でも対応できるようにしたい」と意欲的。

・五光発條賞:Aチーム                       

バネのイメージを覆したい!!という思いから生まれた「NIKU LINK」。バネで作られた象の中に肉を入れて火に投げ込む、まさに斬新な発想!こちらもまず試作品として「骨付き肉型」を工場に依頼し、それと並行してアルミでミニマム版を自分たちでも速攻試作。実際にベーコンを焼いて…なんだか楽しそう(笑)。象の実現が待ち遠しいですね!

1613.1626

それではいよいよ・・・
 
3回のものづくりアイデアソン、本番スタート!

今回のテーマ:「アクリルを使った新しい文房具」

まずは3社の協賛社からプレゼンをいただきます。

 

01. IID世田谷ものづくり学校   鐘居 和政

1637.hp

今回も会場として利用させていただいているIID世田谷ものづくり学校には、3Dプリンターや3Dスキャナ、レーザーカッターなどが利用できるPTAというラボがあります。

従来のFABスペースでは難しい、試作・開発・研究のための機器活用が可能とのことで、個人・法人問わずビジネスパートナーを募集中。また、機器を使ったワークショップの出店者も募集中とのことなので、興味のある方はぜひコンタクトを。

 

02. ミユキアクリル 小野 雅也  

1348.1651

今回のアイデアソンで材料提供、加工協力をいただくミユキアクリル。商品は30万個売れたというパスケースや、テープカッター、アクセサリーなど多岐にわたります。レーザー7台を備え、材料も豊富にストックしているので、イラレのデータを持参するとその日に品物ができてしまうそう。

商品をつくるときはどこで売ろうか?とイメージしながら構想を練るとのことで、今回のアイデアソンでは、表参道にある「文房具カフェ」に置かれているような面白い文房具を、アクリルでつくれないか?と呼びかけます。

 

03.    トロテック   吉留 貴弘

1671.1676

レーザー加工設備協力をいただくトロテック。レーザー加工機とは、今はレーザーカッターと呼ばれることの方が多いですが、機能としてはカットだけでなく「カット・彫刻・マーキング」と3つのことができる機器。アクリル加工はレーザー加工機の一番tの得意分野とのこと。分子間の力が働いて、切断面がきれいに、透明に切れるのだそうです。

 

10分集中!アイデアソン・タイム。

協賛社プレゼンの後は、いよいよ各グループにわかれて10分間集中のアイデアソン・タイム!

「アクリルを使った新しい文房具」について、皆でアイデアをぶつけ合いますどのチームも熱心!

1713.1719.1725.1729

さてさて、今回も実にさまざまなアイデアが生まれましたよ!

 

■Aチーム: 3Dスケッチ(透明アクリルのボード数枚を立てて並べてスタンドに固定。レイヤー状に3Dの絵が描ける)

■Bチーム: スターフードペン(ライト付き+フォークやスプーンにもなるペン)

■Cチーム: 3Dスケール(6000種類もあるというアクリルの多様性をみせるスケール。厚み、長さ、角度、音などを変えて並べ、文具であり楽器でもある)

■Dチーム: 内蔵クリップ(カラフルな内臓の形をしたクリップ。キモかわいく訴求)

■Eチーム: Puta(机でペンが転がらない! ペン1本ずつを四角いアクリルに差し込み、コネクトしてペンケースいらず)

■Fチーム: 栽培ペン(ペンの中で小さな植物を育てる。デスクに緑を!)

発表中は寸劇や小道具をとりいれたり、テレビショッピング風に価格を打ち出してみたり、会場を笑いの渦に巻き込むパフォーマンスも続々。大いに盛り上がっていました!

1753.1757.1771.1780

 
そして、この中から見事アイデアアワードに選ばれたのは
 
こちら!

 

IID世田谷ものづくり学校賞→Eグループの「PUTA」!

PTAにはレーザーだけでなく、3Dプリンターなどもあるので試作でぜひ使ってほしい。価格の打ち出しもユニークだった。ぜひ980円で打ってください!」

 

・トロテック賞:Aチームの「3Dスケッチ」!

「着色したスケルトンのすごくきれいだと思う。アクリルという特性を一番活かした商品。クリエイター独特のレイヤーの考え方でやるときれいなものができるんじゃないかと思った」

 

・ミユキアクリル賞→Bチーム「スターフードペン」!

「ポイントは、寸劇です(笑)。また実は、地下鉄で停電になったときに使えるよう、光るアクリルを開発していて、他にどう使えるかと考えていたところにマッチした」

 

釣り竿を使ったプレゼンテーションを行っていたBチームの間野さんからは「オオモノつれたねぇ!」と満面の笑み

1841.1842.1843

受賞チームには、太一さん手作り(!)の”アクリル盾”が贈呈されました。

今後どう続けるかは各チームの自由。それぞれのペースで、ここから実現を目指すものが生まれていったら嬉しいですね。

 

名称未設定-1

さて、そんなこんなで大盛況のうちに幕を閉じた、第3回「Make Network Party」。

「アイデアソンの盛り上がりっぷりと熱気がすごくて、わくわくした!」
「個人のクリエイターさんとものづくりをする機会がなかったので、今日つながれてすごくよい機会になった。また参加したい」

嬉しいことに、そんな声もたくさんいただきました。改善点は次回に活かし、今後もMakersが枠を超えてつながりあえるコミュニティづくりを目指して、Make Network Partyはつづいていきますよ~!

次回第4回の開催は913日(日)!

今回のアイデアソンで出たアイデアも試作品が進んでいるかも……?!

それでは、また3ヵ月後にお会いしましょう。

6/6(土) 第3回ものづくり交流会「Make Network Party」開催!!

2015年5月18日 (レポート)

お待たせしました〜!
ものづくり交流会の第3回を開催します!!

MNP3_FB_3_2

以下からイベント詳細が見れて、そこから正式申込が可能です!

http://makenetwork.jp/events/mnp3

※これまでの参加者は登録していただいたメールアドレスからログインしていただけると申込が可能です。
※新しく参加する人は「新規プロフィール登録」→「イベント申込」となります。
たくさんのご参加お待ちしております〜☆

第2回 Make Network Party レポート

2015年5月1日 (レポート)

寒さもだんだんと和らいできた 2015年3月15日(日)に、
東京都世田谷区にあるIID 世田谷ものづくり学校で、
第2回ものづくり交流会「MAKE NETWORK PARTY」が開催されました。

 

 IID 世田谷ものづくり学校さんでの開催が恒例になってきましたね。
いつも場を提供してくださり、ご協力いただき、感謝です!

 

今回の「MAKE NETWORK PARTY」は、
前回と同様に、クリエイターの方々が作品を展示したり、
熱くプレゼンしたり、わきあいあいとディスカッションしたり!

 

ヘッド画像1

ヘッド画像2

最終的には、笑いをとったチームが勝ちみたいな状況で(笑)
。。。いやいや、企画の質も高かったです!
 
前回以上に、笑いと熱気にあふれたイベントになりました!
ともかく、みんなのエネルギーがすごい!
このエネルギーには、毎回はっとさせられるんですよね。
大人になってもこんなに熱くなれるってステキですね~!
 
さて、今回も、実行委員のChacoがレポートしていきますよー。
前回と同様に、お昼頃から事前展示交流がスタート!!
 
イベントの内容を駆け足でご紹介していきます☆
 

■事前展示交流

 
 今回も、さまざまなクリエイターさんが作品を持ってきてくれましたよ。

 

 11264945_10206685445398472_1611805660_o

 
人が人を呼び、参加してくれるスタッフもどんどん増えてます!
現在スタッフ募集中なので、 モノ作りが好きな人や、イベント運営が好きな人は、ぜひご連絡くださいね。
 
ひとしきり作品について語り合った後は、事前展示交流のしめくくりとして写真を一枚パシャリ!

 

集合写真1

 

 ■交流会スタート!

 
いよいよ、17時から交流パーティーがスタート!
司会の白濱さんが進行する中、代表の加藤太一さんのご挨拶から、和やかムードではじまりました。

 

 taichi

メイクネットワークパーティー実行委員会 代表 加藤太一:
「ものづくりは長い間、個々で閉じてノウハウを隠す傾向にあったため、何か作ろうと思ったときに、その情報が少なくて同じ苦労をしてる人たちがいたりするんですが、、
得意な分野が違う人たちがつながり合って、情報やノウハウも共有して協力し合うことができる場を作りたいと思って、このイベントをはじめました。
将来的には、こういう場をインターネット上でも展開できればいいなと思い、少しずつWebの仕組みも作ろうとしています。」
 
 
と、語る太一さん。
それが実現できれば、ここに集まれなかった人たちとも、ものづくりの輪がもっと広がって、ものづくりが活性化していきそうですね!
 
 
そしてお次は、IID 世田谷ものづくり学校の代表の、高山勝樹さんからの乾杯のご挨拶です!

 

2_高山社長

IID 世田谷ものづくり学校
代表  高山勝樹:
「IID 世田谷ものづくり学校は、商品や製品を生み出せるように日々試行錯誤しています。
世田谷にはものづくり業者の方やものづくり事業者の方が少ないのが現状で、
ネットワークを広げていくことが重要と考えているので、ぜひ、今回のイベントを機に、広がっていってもらえたらと思っています。
今年、燕三条で、ものづくり学校がオープンしますので、そちらもよろしくお願いします!」
 
ということで、乾杯~!

 

↓三条ものづくり学校の情報はこちらからどうぞ↓

 

三条ものづくり学校

 

■ライトニングトーク(パートナーズ)

 
面白いビジネスを展開している10組の参加者が、それぞれの活動を紹介してくれました!
駆け足でちょこっとだけ紹介していきましょう♬

 

01■株式会社zenmono 宇都宮茂

バネブロックのSpLinkを作っていて、空飛ぶクルマなどのプロジェクトをやっているという宇都宮さん。
ワクワクするようなモノづくりで世界を元気にしたいと、熱いお言葉いただきました!
株式会社zenmono
SpLink

 

3_zenmono

 
02■APISTEC 佐々木隆太
3Dプリンターの出力職人をやっている佐々木さん。キットの組み立てセミナーの講師もやっているそうですよ。
APISTEC
 

4_APISTEC

 

03■3Dayプリンター 内野博之

早い!安い!がモットーの3Dプリントサービスを展開している内野さん。
データ入稿から納品まで3日間で出来るんだそうです!スピードが速い理由は、出力業者100社と提携しているからなんだそうですよ。
3Dayプリンター

 

5_3Daysプリンター

 

04■VOYAGE LAB 谷本ミキト

ものづくりをしても売れないという状況を解決しようという試みでプロジェクトをやっているという谷本さん。
プロダクトデザイナーのサポートと、10人に2人が熱狂するようなニーズのあるプロダクトの商品化を開始していきたいそうです!
VOYAGE LAB

 

6_VOYAGELAB

 

05■株式会社スイッチサイエンス 志村真子

かわいい電子部品を売っているECサイトをやっているという志村さん。
販売受託プログラムで、手数料が安いのが売りなんだそうです。少量から委託も出来るそうですよ。
志村さんの抜群のアピール力で、会場が笑いの渦に巻き込まれていました(笑)
スイッチサイエンス

 

7_スイッチサイエンス

 

06■モール型クラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」 沼田健彦

「GREEN FUNDING」 は、話題のクラウドファンディングを日本で初めてASPサービスとしてパッケージ化して
提供しているサイトであると語る沼田さん。
自社のコンテンツやネットワーク、会社や部署が手がける新しい事業など、
パートナー各社のプロジェクトを集結させた、日本初の「モール型クラウドファンディングサイト」なんです。
直営の手数料の他に、パートナーへのASPパッケージの貸出費用など、
集まった支援金の一部をレベニューシェアする収益モデルとなっており、急速に流通額を伸ばしているんだそうです。
GREEN FUNDING

 

 8_GREENFUNDING

 

07■リレーションズ株式会社 土屋敬

「TOLABL」という家賃0円のクリエイターズシェアハウスを運営している土屋さん。
なぜ、家賃が0円なのかというと、社会にある様々な課題を解決する事業を展開していて、
クリエイターやアーティストとコラボレーションしながら事業を立ち上げるというシステムをとっているからなんだそう。
家賃分を会社が負担するかわりに、シェアハウスに住んでいるクリエイターやアーティストに、企画を出してもらって、
実際に実現してもらうというルールのもとで、運営しているんだとか。
TOLABL

 

9_リレーションズ

 

08■FabCafe/Loftwork 鈴木真理子

プロダクト制作などの、ワークショップイベントをやっているカフェ「FabCafe」。
ファブミートアップというイベントを月に2回開催していて、集まってモノづくりをしているんだそうです。
グローバルクリエイティブアワードというアワードを行っていて、受賞作品も多数出ているそうです。
今後、ローカルコミュニティーからグローバルコミュニティーへと発展させていきたいと鈴木さん。これからが楽しみですね。
FAB CAFE

 

10_Fabcafe

 

09■ミユキアクリル 小野雅也

ミユキのアクリルは、そのほとんどが特注品。
細部にこだわり、一味違うクラフト感のある材料を日々開発しています。
このアクリルで、アクセサリーパーツやオリジナルグッズなど、ハイクオリティーで素敵な
製品が製作できるんです。
アクリルを使って何か作りたい方はぜひご相談くださいね!
ミユキアクリル

 

11_ミユキアクリル

 

10■HappyPrinters 堀江堅司

3Dプリンターへの嫉妬から印刷工場のお店作ったんだとか(笑)
場所は原宿にあり、レーザープリントを使って、木にプリントできたり、合皮にプリントしたり、テキスタイルも作れるんだそうですよー。
デザイン好きにはたまらない印刷工場さんです。
HappyPrinters

 

12_ハッピープリンター

 

 

■スペシャルプレゼンタイム

 

■IID 世田谷ものづくり学校 木下 浩佑

廃校になった旧池尻中学校の校舎を再生活用している施設である、IID 世田谷ものづくり学校。
現在は、様々な分野のクリエイターのオフィスや、レンタルスペース、ワークショップの場所として活用されています。

 

新たな製品やビジネスが生み出されて、商業が発展する場を目指していると、木下さん。
2015年4月には、新潟県三条市に、三条ものづくり学校がオープンするそう。

 

新潟県三条市は、金属製品や加工部品のものづくりが集積された、世界でも数少ない地域なんだそうです。
その地域性を活かして、これまでの伝統的な技術と、最先端のクリエーター・デザイナーをつなげて、
新しいプロダクトを生み出し、発信して行きたいと語られていました。
IID 世田谷ものづくり学校
三条ものづくり学校

 

 13_世田谷ものづくり学校

 

■サイバーエージェントクラウドファンディング MAKUAKE 喜多 恭平

サイバーエージェントのクラウドファンディングサービスである「MAKUAKE」。
プレゼンしていた喜多さんは、大学院生の頃、スピーカーをいじっていたんだそう。
去年から、ガジェットやIOT事業の営業をやっているんだそうですよ。
 
これまでクラウドファンディングを行ってきた事例で、
深沢さんという3Dプリントについてクラウドファンディングを行った方が、2000万円集めた例もあるんだとか。
 
自社の「Ameba」を活用したPRができたり、決済で複数のお支払方法が選択できるのが強みだそうです!
MAKUAKE

 

14_MAKUAKE

 

■五光発條チームSpLink(すぷりんく)! 村井秀敏

タッチペンのペン先のバネなどを作っています。
1個1円しないんです。
 
zenmonoさんと協力し合って、SpLinkというバネブロックを売っていて、東急ハンズさんなどで置いてもらっているんだとか。
オリジナルの形状で作ることも出来るそうですよ。
五光発條
SpLink
 

15_五条発條

 

 ■ライトニングトーク(クリエイターズ)

お次は、クリエイターズのライトニングトークです!
12組のクリエイターの方々が、熱く語ってくれました。
 
1:Ouma
家賃0円クリエイターズシェアハウス「TOLABL」の住人でもあるOuma(オーマ)さん。
元獣医師で今は細胞をテーマにしたアート活動と共に、クラウドファンディングの勉強会も主催しているそうです。
三菱製紙の積層プレスボードを用いたコースターの企画を紹介してくれました。
Ouma HP

 

16_Ouma
 

 

2:ゲーミフィーJAPAN TOMO NAKAJIMA
「ゲーミフィ・ジャパン(Gamifi Japan)」は、「ゲーム性で課題解決する。」をテーマに2013年から活動しているチームです。
主に、アナログゲームの「製作」「製作支援」「活用」から、世の中の問題解決を目指します!
TOMO NAKAJIMA
ゲーミフィーJAPANWEBメディア

 

17_ゲーミフィジャパン

 
3:株式会社ハタプロ 伊澤諒太
日本と台湾のIoTクリエイティブ集団ハタプロさん。
IoTとは、Internet of Thingsの略で、身の回りのあらゆるモノがインターネットに接続され、
相互にデータをやり取りすることで、新しい価値を生み出すこと。
IT・ソーシャル・スマートフォンのコンテンツ開発やメディア運営の知見を活かして、
『次の時代の旗となる』ヒト・モノ・コトを世の中に提供していきます。
株式会社ハタプロ

 

18_ハタプロ

 
4:ゆるゆる フーワ工房 高嶋直之
前回は、駒の動き方をレーザープリントで描いた華将棋を紹介してくれたフーワさん。
今回は、しゅりけん型マルチツールの製品化についてお話いただきました!
フーワ工房

 

19_フーワ工房
 
5:Fabmobi 嘉数正人
orievという、電車に乗せられる折りたたみ式電動バイクを作っています!
Fabmobi

 

20_Fabmobi

 
6:個人/SIProp hirotakaster
プログラマーのhirotakasterさん。
ご自身の作品を、メイカーフェアなどに出展されているそうです。
hirotakaster

 

21_hirotakaster

 
7:FACTORON(ファクトロン) ハチロ ブンシュウ
「ゆとり」「ときめき」「感動」を与えてくれるプロダクトデザインを作っています。
メタルのiphoneケースをはじめ、ジュエリー、カードケース、USBメモリなどを製作しています。
FACTORON

 

22_ファクトロン
 

 
8:アンドロイド「i.d」(インテリジェント・ドール) 石井孝佳
ハードウェアエンジニアと特殊造形師からなるチームで、世界で最初に「不気味の谷」の克服を目指しています。
つまり、気持ち悪くないアンドロイドを作っています。
現在は顔筋用のアクチュエータを研究開発しています!
アンドロイド「i.d」 (インテリジェント.ドール)

 

23_アンドロイドid

 
9:アーティクノロジ-研究所(PIXI) 吉田周平
PIXIセンサーで植物を擬人化させるプロジェクトを進行しています。
アーティクノロジ-研究所(PIXI)

 

24_アーティクノロジ-研究所

 
10:Cape Design(ケープデザイン) 間野 晃功
CATCH & PEACE(キャッチアンドピース)をモットーに、
新しいフィッシングスタイルを提案するアウトドアグッズ&釣り具ブランド「CAPE DESIGN(ケープデザイン)」を運営している間野さん。
釣りのLINEスタンプや、ルアーなどを製作しています。
Cape Design(ケープデザイン)

 

25_capedesign
 
11:CRESCENT 渡邊権人
球体のプロジェクターをキット販売をしています。
普通のプロジェクタと異なり、レーザーを使用するため昼間や遠い場合でもはっきり描画できるのが強み!
また、ボール状で出来ているので、天井に描画させたり、床に描画させたりなど、描画位置の調整がとても簡単なんです。
CRESCENT

 

26_CRESCENT

 
12:白濱優子さん
クリエイターズシェアハウスの住人である白濱さん。本日の司会進行をつとめてくれました。
ラジオDJやYouTubeチャンネルをやっているんだとか。
クリエイターの方々のサポートをされているので、プロモーションしてほしい方はぜひお問い合わせくださいね。
白濱優子

 

27_白濱優子

 

 ■ぷちアイディアそん

 
前回のぷちアイディアそんで受賞した2チームからの、プロジェクト報告です!

 

■三菱製紙賞受賞グループ
プロジェクト内容:「動物の家族を亡くした悲しみに寄り添う~OHAKA(オハカ)プロジェクト」
 
水につけたり、土の中に入れたりしてなどの実験を繰り返し、 「頑丈で土に埋めると自然に還る紙でできている」「適度な重さがある」「表面の層状の模様が美しい」 といった
プレスボードの特徴を活かして考えられたのが 「動物の家族を亡くした時の悲しみに寄り添う」プロダクトです。
「生まれ変わり」をテーマにした「OHAKA(オハカ)」は、卵型の形状をしており、 亡くした動物の骨の一部を中に入れることができます。
手のひらサイズのOHAKAは、さりげなくリビングに置くことができるスタイリッシュなデザインになっており、 家族の悲しみが十分癒えた後、花の種と一緒に土に埋めることで、
亡くした生命を新しい生命に繋ぐ、というコンセプトになっています。
「自然に還る」という素材の特徴とアップサイクルのテーマをよく表した企画になりました!

 

 

■IID 世田谷ものづくり学校賞受賞グループ
プロジェクト内容:「食器プロジェクト」

 

おしゃれな器、紙皿のような質素な皿ではなく、アウトドアで華をそろえるような紙皿を作りました。
シンプルで美しい高級感溢れる器に!塗料でコーディングするとまた違った表情が見られるんだそうです。
形を変えて花器も製作しました!

 

11259980_10206685576481749_1315226012_o
 
さて、前回のプロジェクト報告が終わったところで、いよいよメインのぷちアイディアそんに突入!
 
ぷちアイディアそんは、イベントで集まった多彩なメンバーでチームを組んで、具体的なアイディア出しをしてみようというコーナーです。
今回のテーマは「バネで作るプロダクト」!
先ほどプレゼンしていただいた、五光発條さんのバネを使った新しいプロダクトを、チームごとに考えてもらいました♬
考える時間はたった数10分!にもかかわらず、多種多様なアイディアが生まれました!

 

_DSC0588

各チームのアイディアを簡単にご紹介していきます!

 

■Aチーム:焼きリンク(ぞうの形をしたお肉を焼けるプロダクト)
■Bチーム:ライトニングスプリングカバー(バネの中にLEDを入れて、のばすと光るプロダクト)
■Cチーム:次世代BGクッション(中のバネを入れたり抜いたりして固さを変えられるクッション。電源フリーで携帯の充電なども出来る)
■Dチーム:天空のシェルフ(部屋の収納。バネの間にモノを挟むタイプのモノで、服や絵本もかけられ、自由にカスタマイズして使える)
■Eチーム:ランドセル(小学生高学年をターゲットにした、名前の表示などが出来るランドセル)
■Fチーム:木のはらまき(まだ成長していない木のまわりにバネをまいて、センサーを入れて木の成長が見られるプロダクト)

 

11256336_10206688430993110_2058880240_o

そして、この中から見事にアイディアアワードに選ばれたのは、以下の3チームでした!
 
・IID 世田谷ものづくり学校賞:Eチーム
ランドセルのアイディアを考えたEチーム!
 
・五光発條賞:Aチーム
焼きリンクのアイディアを考えたAチーム!

 

・MAKUAKE賞:Cチーム
次世代型介護用クッションBGクッションのアイディアを考えたCチーム!

 

11267858_10206688430953109_257970568_o

 

おめでとうございます!!
受賞した3チームは、記念のトロフィー(名入れ加工体験付)に加えて、アイディアの実現に向けて材料提供や施設提供が支援されます。
ただいまプロジェクトを進行中!次回のMAKE PARTYで試作品の発表もあるのでお楽しみに!!

 

 
さらにものづくりの輪が広まった、第二回目のMAKE NETWORK PARTY。
今回は、メイカーズ系の方が多く参加されていたようでした☆
パートナーズ・クリエイターズ共にプレゼン希望者も多く、パワフルで活気あるイベントになりました!
 

集合写真

最後にみんなで記念撮影!
次回は6月6日(土曜日)に開催予定です!
ぜひお待ちしています~☆

All Photo by Junko ishida

3/15(日) 第2回ものづくり交流会「Make Network Party」開催!!

2015年2月28日 (レポート)

お待たせしました〜!
ものづくり交流会の第2回を開催します!!

MNP2_FB

以下からイベント詳細が見れて、そこから正式申込が可能です!

http://makenetwork.jp/events/make-party-2/

※これまでの参加者は登録していただいたメールアドレスに届く招待メールからログインしていただけると申込が可能です。

※新しく参加する人は「新規プロフィール登録」→申込となります。

たくさんのご参加お待ちしております☆

第1回 MAKE PARTY レポート

2014年12月26日 (レポート)

2014年12月13日(土)、東京都世田谷区にあるIID世田谷ものづくり学校で、第1回ものづくり交流会「MAKE PARTY」が開催されました。

 

MAKEPARTYは、デザイナー/アーティスト/エンジニアなどのものづくりクリエイター個人から、材料道具メーカー/シェア工房/加工サービスなどのものづくりパートナーズ企業まで、各自の活動の枠を越えて繋がり合う「ものづくりの異業種交流会」です。
 「作る=make」という共通点のもとに、自分とは異なる活動をしている人たちと出会い、各自の世界が広がるような交流の場や、
それぞれの情報や知識を交換し合えるような共有の場を作ることで、新しいモノづくりの世界を切り開いていこうというのがこの交流会の試みです。

 

ものづくりのつながりがつながりを呼び、総勢78名の夢や志を持ったものづくり関係者が集結し、とても熱気あふれたイベントになりました!

 

image_01

会場となった「IID世田谷ものづくり学校」は、廃校になった旧池尻中学校の校舎を再生活用した施設で、クリエイターのオフィスが入っていたり、イベントスペースでワークショップが行われたりと、現在では、様々な人が行き交い、交流する場になっています。まるで昔にタイムスリップしたみたいに、学校の授業のような懐かしい雰囲気の中で、イベントが進みました☆

 

そんな「MAKE PARTY」の盛り上がりを実行委員のChacoがレポートします!

 

★第1回MAKE PARTYの企画内容★
13:00~16:00 事前展示交流
17:00~21:30 交流パーティー
   ①ものづくりライトニングトーク(活動紹介タイム)
   ②パートナーズプレゼンタイム(ものづくり協力企業の紹介)
   ③ぷちアイディアそん(アイディア出しタイム)

 

■事前展示交流

メインの交流会の前に、参加者が作品やプロダクトを持ち寄った展示交流会が開かれました。
ものづくり交流会として、実際に作っているものを持ってきて交流することで、各自の興味が刺激され会話も弾んでいきます。

image_02

IID世田谷ものづくり学校のエントランスで開催されたため、同日にこの施設を訪れた多くの人が立ち寄ってくれたり、近くに住むおばあちゃんが来たりして、地域の温かさも感じるアットホームな展示タイムになりました。

 

 ■交流会スタート!

 

夕日が沈み、17時から交流パーティーがスタート!
代表の加藤太一さんのご挨拶からはじまりました。

 

_MG_8409

「ものづくりを志してる人たちが交流できる場は少なく、もっと情報や知識の交換やコラボレーションなどをしたほうが、魅力的なものづくりができるのではないかと思い、この交流会を立ち上げました。今日ここに来てくれた人たちは、それぞれの分野で活躍してる多才な人たちばかりです。特技が違う人たちが集まることで、ここから何か新しいことが生まれるのではないかと、とてもわくわくしています。ぜひ楽しく交流してください!」

 

太一さんの熱い想いが浸透して、だんだんと会場が盛り上がってきました☆

 

■ものづくりライトニングトーク

夢や志を持った15組の参加者が、それぞれの活動を紹介してくれました! 駆け足でちょこっとだけ紹介していきましょう♬

 

01■オープンデザインプラットホーム「MAKEY」/FACTOPIA

image_03

LEDでわたあめを光らせた「光るわたあめ」とともに、「MAKEY」というオープンデザインのためのウェブサイトを立ち上げている FACTOPIAのみなさん。
MAKEYでは光るわたあめを製作するための情報(材料や図面や作り方など)をすべて公開しているそうで、オープンデザイン(ものづくりノウハウを公開すること)の可能性を探っているそうです。
誰もがものづくりを始められるサイトとしても、新しいものづくりの可能性を感じました☆
「MAKEY」

 

02■家賃0円で住めるクリエイターのシェアハウス「TOLABL」/白濱優子
image_05_2
アトリエ/イベントスペースと家賃0円で暮らせる居住スペースを兼ね備えた「クリエイターズシェアハウスTOLABL」。
プレゼンターの白濱さんは、100人以上の応募の中から選ばれた「TOLABL」の住人なんだとか。
「TOLABL」では、住人のクリエイターの方々が、技術的なセミナーや、アーティストとのコラボレーションプロジェクトなど様々なプロジェクトを行っているそうです。
 「TOLABL」HP

 

03■美術作家/鈴木泰人

鈴木さん

ものづくりをするときは、立案、準備、制作、発表を繰り返し行うという鈴木さん。準備のときに、フィールドワークをして話したり、色んなところに行って話すことを大切にしているんだとか。作品紹介は控えておりましたが、とても繊細なタッチの美しい作品ばかりです。
Welcome to 29 YORKst

 

 

04■Green Rose Garden/山元和実

image_07_2

ベランダガーデンの世界を作り、追及し続けている山元さん。
独自のガーデンコーディネートを構築し、限られた狭い空間に、寄せ植えやガーデン雑貨を使い、絵を描くようにスタイリングすることを発信しています。
「Green Rose Garden」

 

05■matsuyama modeling partners株式会社/松山亮佑

image_08_2

素早く簡単かつ手軽に利用できる、3DCAD設計・モデル作成サービスを行っている松山さん。
モデル作成だけじゃなく、3Dプリントを研磨したり塗装したりすることができるとのこと。強度の調整など、色んなニーズに応えてくれるというから頼もしい!
 「matsuyama modeling partners」

 

06■hamade.cc/濱中直樹

image_09_2

建築デザインやプロダクトデザインのお仕事をしている濵中さん。濵中さんは、「hamade.cc」というサイトを運営しているのですが、 そこに掲載する様々な「もの」の製作プロセスをオープンにしているんだとか。製作プロセスは、「hamade.cc」の各プロダクトの詳細ページから見ることが出来ます!
2014年11月に、中延の路面店で、「at.Fab」という工房をオープンしたそうです!
 「hamade.cc」
「hamanakadesignstudio」

 

 

07■kapsel/山田梨紗

yamada

中に書いたものが透けるようなパッケージや、めくって使えるお皿など、和紙を使ってプロダクトを作っているという山田さん。
山田さんは、名古屋の長者町にあるクリエイタービルにアトリエを持ち、そこで空間表現をしたりしているんだそう。kapsel主宰での展示/イベントや出張ワークショップ、様々なクリエイターとのコラボレーションなども行っているんだそうですよ。
「kapselblog」
「kapsel  Facebook」
「kapsel Web」

 

08■ちよや あいみ

TIYOYA

イギリスに短期留学し、フランスやスペインの絵本に魅了されて以来、 絵本を作っているというちよやさん。イラストレーターとしても活動の幅を広げていて、 ご自身でデザインされたマグカップや、お菓子のパッケージデザインを 持ってきてくれました!
 「aimichiyoya」

 

09■フランソワーズ

フランソワーズ_02

アート、音楽など、アーティスト活動をしているフランソワーズさん。壁画を描くという活動をしているんだそうですよ。
Francoise Ikeuchi

 

10■辻村 崇

tsujimura2

シンガーソングライターの辻村さん。
「お茶の間SOUL」という、着席スタイルで食事もできるライブを定期的に 開催しているんだとか。youtube見つけちゃいました! ステキな声色で、メッセージ性のある音楽でしたよ☆
「束の間 / 辻村崇 – お茶の間SOUL Vol. 1@渋谷LOOP annex」

 

11■PLEN/富田敦彦

image_14_2

机の上で動き回れるサイズの2足歩行ロボットを作っているプレンプロジェクトの富田さん。PLENは、3つコンセプトから作られているんです。
1:小さくて軽いこと。
2:スマホで操作できること。
3:驚きの運動性能とかわいいデザイン。
500体作って、すでに完売しているんだとか。すごいですね~!
現在、PLEN2という次世代型のロボットを製作中の富田さん。ソースウェアを公開して、誰でも作れるようなものにしているんだそうですよ。
PLEN HP
PLEN facebook

 

12■ゼロバイゼロ/飯田タツヒロ

image_15_2

7年前から、現代アーティストをやっているゼロバイゼロの飯田さん。
六本木アートナイトに出展したりしているんだそう。音を自然の動きで可視化する作品を作っているんです。
例えば、声に反応して光るライト。小型化してベットの横に置いたりできるようにしているんだとか。
ゼロバイゼロ HP
ゼロバイゼロfacebook

 

13■TAMA試作ネットワーク/小野晴世

_MG_8519_2

国分寺より西の町工場の人たちと、個人のものづくりの人たちを集めて、一緒に商品開発をしていこうとしている小野さん。
TAMA試作ネットワークでは、メイカーズの方が、加工先で困った時や、小ロット対応の町工場を見つける時のための相談窓口を作ったんだそう。
2015年はスタートアップにつき、相談は完全無料で行っていくそうですよ。
TAMA試作ネットワーク
相談窓口

 

 

14 ■サイバーエージェント・クラウドファンディング/木曽 恵里夏

image_17_2

「MAKUAKE」というクラウドファンディングサービスを展開しているサイバーエージェントの木曽さん。
「MAKUAKE」では、 資金調達 ・テストマーケティング ・話題作りを完全成果報酬でサービスを行っているんだそうです。
 クラウドファンディングではさまざまなプロジェクトが実際に動いていて、電子ペーパーで作られた「FES Watch」などのいくつかのプロジェクトは、クラウドファンディングでSuccessし、 量産を進めているんだそうです。
 MAKUAKE

 

 

15■SUECCO(スエッコ)/木村洋仁

image_18_2

「SUECCO」は、WEBデザイナーの木村さんをはじめ、ファッション、インテリア、執筆など、それぞれに得意分野を持つ仲間たちが、神奈川県逗子市にある一軒家をシェアハウスにして集まった、シェアハウス生まれのモノづくり集団なんです。
逗子の駅前に「SUECCO CAFE」というカフェをオープン!逗子のクリエイター達が集まるイベントを開催したりと、様々なイベントを開催しているそうですよ。
「UPCYCLE」をコンセプトに商品展開もしていて、例えば、廃材の壁紙を使ってノートや蝶ネクタイなどを作って販売した売り上げを、逗子のNPOに寄付したりして、地域循環型のプロジェクトを行っているんだそうです。
SUECCO
SUECCO CAFE

 

■パートナーズプレゼンタイム

今回このイベントに協賛してくれた2社によるスペシャルなプレゼンです!この後の「ぷちアイディアそん」では材料提供や加工協力などをしてくれるという話で、ものづくりをサポートしてくれるという話に皆が釘付けでした。

 

■IID世田谷ものづくり学校

IID世田谷ものづくり学校は、廃校になった旧池尻中学校の校舎を再生活用している施設で、現在は、様々な分野のクリエイターのオフィスや、レンタルスペース、ワークショップの場所として活用されています。

image_19_2

今後は、「産業がうまれるプラットフォーム」をテーマに、実戦的でビジネスに役立つことをやっていこうとしているIID世田谷ものづくり学校。
1Fに「PTA/PrototypingRoom」という試作・開発ができる部屋を新設したことで、デザインから試作・発表までの製品開発に必要なプロセスがIIDの中でできるようになったんだとか。高性能の3Dプリンタや3Dスキャナ、レーザーカッターなど、色んな機器がそろっているんだそう。施設内には、木工房もあるそうですよ!
「PTA」はクリエイターや企業が、試作・開発・研究のために活用することはもちろん、一般の方も利用することができるんだそうです。ぜひ興味のある方は、足を運んでみてくださいね。
また、現在、新潟県の三条市に、三条ものづくり学校の建設を予定しています。 来年の春にはオープン予定なんだとか。
三条市には、520社程ものづくりに関わる企業があり、行政と連携して運営管理を行うことが決定しているんだそうです。
今回、「MAKEPARTY」に参加してくれた方は特別に、 「PTA」の機器を1時間無料で利用できるという特典をいただきました!
IID世田谷ものづくり学校
PTA/PrototypingRoom

 

■三菱製紙株式会社

image_20_2

三菱製紙さんのスペシャルプレゼンタイムでは、「積層プレスボード」の端材についてお話いただきました。
「積層プレスボード」って知っていますか?
「積層プレスボード」は、電気絶縁紙を10枚~20枚を固めて、高温・高圧でプレスして接着させて製造した素材で、木材パルプや化学繊維を使った、「紙」とも「木」とも違った独特の風合いがある素材です。木材に似たあたたかい質感と、積層によって出来た年輪のような縞模様があり、厚みやサイズも色々あり、絶縁素材の製品となります。しかしながら、その端材も毎月何トンも大量に出て捨てられてしまう問題をかかえていて、この端材を有効活用するアイディアをクリエイターたちに募集したいとのことです。
廃棄されるはずだった端材が新たな価値を得て生まれ変わるという、アップサイクルがうまく機能してくれたらいいですね。この後の「ぷちアイディアそん」のテーマにもなりました。
三菱製紙株式会社
プレスボード

 

 ■ぷちアイディアそん

これだけ多彩なメンバーが集まったので、チームを組んで具体的なアイディア出しをしてみようという試みです。
テーマは「アップサイクル〜積層プレスボードを使った新プロダクト案〜」
三菱製紙さんの「積層プレスボード」を使った新しいプロダクトを、チームごとに考えてもらいました♬
考える時間はたった数10分!にもかかわらず、多種多様なアイディアが生まれました!

image_21

各チームのアイディアを簡単にご紹介していきます!

 

■Aチーム:プランター(育成用電球付きプランターキット)
■Bチーム:楽器(民族楽器など )
■Cチーム:もともとの材質を活かして作るプロダクト(メニュー立てなど)
■Dチーム:ギター(音質が変わっていくギター)
■Eチーム:アウトドアで使える紙皿(寄木細工風のお箸やお皿)
■Fチーム:アロマブロック(積層に香りを入れ込む)
■Gチーム:タイムカプセル (時間が経つとメッセージが出てくる)

 

そして、この中から見事にアイディアアワードに選ばれたのは、以下の2チームでした!

 

・IID世田谷ものづくり学校賞:Eチーム
アウトドアで使える寄木細工風のお皿やお箸のアイディアを考えたEチーム。
プレスボードは紙で出来ているため、水に溶けやすく、外で使ってもゴミにならないので、そのまま置いて帰れるといった内容で、プレスボートの特性をうまく活かしたアイディアでした。

 

・三菱製紙賞:Gチーム
タイムカプセルのアイディアを考えたGチーム。タイムカプセルの名前は「未来への自分へのメッセージ ”レイヤー”」。
表面にコケのシートを貼り、中に種を入れて、発芽してきたタイミングが開けていいタイミング。積層プレスボードを使ったアイディアということで、「積層=人生が積みあがっている=レイヤー」から、名前を”レイヤー”に命名したんだそうです。「中国では今出たね」、「上海では今出たね」と発芽のタイミングを様々な国で共有しあって楽しむことも出来るといったアイディアでした。

 

おめでとうございます!!
受賞した2チームは、記念のトロフィー(名入れ加工体験付)に加えて、アイディアの実現に向けて材料提供や施設提供が支援されます。
ただいまプロジェクトを進行中!次回のMAKE PARTYで試作品の発表もあるのでお楽しみに!!

 

image_22

「ぷちアイディアそん」では、ものづくりクリエイター個人とものづくりパートナーズ企業の協力関係を作り出すことを目指して実施されました。これをきっかけに具体的なものづくりプロジェクトが立ち上がり、クリエイターがパートナーズ企業の見学に行くなど、その関係性が深まっています。
また、初めて会ったクリエイター同士も、これをきっかけに仲が深まり、様々な連携をスタートさせている話を耳にします。
パーティー全体としても、合間合間にフリー交流タイムを設けており、様々なものづくり関係者がお互いの活動を紹介し合いながら、情報交換や協力関係を作っている場面を何度も見かけました。

 

 

また、MAKE PARTYの料理は、参加クリエイターチームの一員でもあるゼロバイゼロのみくさんが作ってくださった心温まる手料理であり、美味しいごはんとお酒も加わり、アットホームに盛り上がった交流会となりました☆

 

image_24

 

このようにMAKE PARTYは、ものづくりのつながりがつながりを呼び、様々な人たちの力で支えられながら実施して、新しいものづくりのつながりが生まれていく場となり、新しく価値のあるものづくり交流会としてスタートすることができました!

 

image_23

 

最後にみんなで記念撮影!
次回は3月15日(日曜日)に開催予定です!
ぜひお待ちしています~☆

メイクネットワーク協賛

SPONSORS


運営団体:メイクネットワークジャパン
ものづくりを愛する人たちを応援するネットワークづくりをしています。

お問い合わせはこちら