祝1周年☆ 第5回Make Network Party レポート

2016年2月2日 (レポート)

2015年12月6日(日)、東京都世田谷区のIID 世田谷ものづくり学校で、
第5回ものづくり交流会「MAKE NETWORK PARTY」が開催されました!

top

 

◆ 祝一周年!!

2014年12月より季節に一度開催してきた当交流パーティーは、今回で一周年!
それを記念した特別企画もあり、内容盛りだくさんな第5回となりました。

 

◆「MAKE NETWORK PARTY」とは?

「MAKE NETWORK PARTY」とは、文字通り「MAKE=作る」をテーマにした大交流パーティー!
「ものづくり」という共通のテーマをもとに、普段の活動ではなかなか接点の持てないクリエイターや町工場、
メーカー企業の方々との出逢いの場を作りたい。
そして交流を通じて、それぞれの世界がもっともっと広がっていったら……
そんな想いから始まりました。
分野の枠を越えた出逢いは、新しい考え方や価値観、技術や知識のみでなく、自身の活動に対する支援や協力を得られたり、
新たな仲間とタッグを組んで新商品・サービスの開発へと発展したりするケースも実際に生まれつつあります。

 

◇-◆-キーンコーン カーンコーン-◆-◇

 

◆ 多種多様な作品がズラリ☆展示交流会

16時からの大交流パーティー開始に先駆け、14時からは各自の作品を展示した展示交流会。
展示ブースいっぱいに並ぶ作品を肴に、会場のあちらこちらでものづくり談義に花を咲かせました。

02.展示作品

 

◆ 一周年特別企画☆ Makuakeクラウドファンディング講座開催!

最近ますます知名度の上がってきたクラウドファンディングサービス『Makuake』。
この日はMakuakeを運営する(株)サイバーエージェント・クラウドファンディングの喜多さんが直々に、
クラウドファンディングとは何ぞやというところから、具体的な活用方法までレクチャーしてくださいました。

03.makuake

この日のために作成したというとってもわかりやすい企画シートをもとに、実際にプロジェクトをクラウドファンディングに出すとしたら、
何をどういった視点で用意したらいいのかを各グループに分かれワークショップ形式で考えてみました。
クリエイティブな活動家たちが集まっているだけあって、短時間のワークでしたがかなり具体的なプランが上がってきて仰天でした。

 

◇-◆-キーンコーン カーンコーン-◆-◇

 

◆ 0時間目 始まりの会

今回ももはやお馴染みとなりつつある、ラヂオつくばのパーソナリティー、白濱優子さんの進行で始まりました。
当パーティー実行委員代表の太一さんより、まずは始まりの挨拶。

start

一周年の節目を迎え、このパーティーの始めるきっかけや今後の展望について語りました。
「ものづくりは、アイディアから設計・製作、そして販売まで、一つのスキルや業種だけでは完結しない。ここに来れば自分とは違う特技をもった人たちに出逢える、自分のものづくりへのヒントや協力が得られる、新たなアイディアがひらめいたりコラボレーションが始まったりと今後の活動や表現の世界が広がる。そんな期待を抱いて参加してもらえるような場にこれからもしていきたい。」
(一部抜粋)
ということで、いよいよパーティー開始です! 「かんぱーい!」

 

◆ 今回も個性派揃い!ものづくりライトニングトーク

1時間目はパートナー、クリエイターそれぞれの有志の方々による活動紹介ライトニングトークの時間です。
(以下、敬称略)

 

■ものづくりシェアすぺーす『kichi(キチ)』・加藤太一

P1_kichi 絶賛企画中のものづくりが好きな人のための新タイプのシェアスペース『kichi(キチ)』についてご紹介くださいました。 気になる方はぜひこちらのfacebookページを訪ねてみてくださいね!

 

■ものづくりコミュニティ『MAKERSリンク』・小林 和好(代理)

P2_makers 参加は自由!活動内容も自由!ものづくり好きが自由に制作活動をするコミュニティ『MAKERSリンク』。 共通の興味をもつ仲間と共にものづくりを始めたい人にはオススメですよ!

 

小林鋲螺(びょうら)株式会社・小林 和好

P3_sequa 先ほど紹介してくださったMAKERSリンクのうちの一つで、ご自身の所属するプロダクトグループ『SEQUA』が量販まで見越して制作している「お知らせテントウくん」をご紹介くださいました! 「お知らせテントウくん」の魅力がたっぷり詰まったオリジナルプロモーションMOVIEが印象的でしたね!

 

ヴァロラド株式会社・鈴木 隆彰

P4_valo オンリーワンプロダクトでハイブランドマーケットの創設支援をされています。 1,000万円の自転車、9.6億円のiPadなどが売れる市場がこの世に本当に存在するんですって!

 

メガワークス株式会社・永井 義昭

P5_megaworks ダイカスト鋳造、マシニング加工、アルミ・ステンレス加工のスペシャリスト。世界スカル化計画を進め、デザイン重視の、デザインから入った「スカルツールズ」というブランドを立ち上げ中です。 ロックが好きだからヘビーメタルな名前をつけたくて「メガワークス」という名をつけたという創業当初のエピソードも発表してくださいました。

 

『39Meister』Bornrex & Co., Ltd. 室岡 拓也

P6_Bornrex-&-Co.,-Ltd ものづくりのサポートNTTdocomoと協定し行っている、ものづくりベンチャーのためのハードウェア製作・生産支援サービス「39meister」についてご紹介くださいました。 大手とのタイアップをしたい!制作以外にやらなきゃいけないことがありすぎて開発ができない!などといったお悩みをお持ちのクリエイターの皆さん、まずはこちらのサイトにアクセス!!

 

〜◇〜ここからはクリエイター〜◇〜

Cape Design(ケープデザイン)・間野晃功

C1_CapeDesign より多くの人に「釣りの楽しさ」を体験し、知ってもらう為に生まれたアウトドアグッズ&釣り具ブランド『Cape Design(ケープデザイン)』をご紹介いただきました。

 

La Muga(ラ・ムガ)・今西 知宏

C2_LaMuga 2014年よりひのき丸太の輪切り板材の開発を開始。2015年7月より材料として、あるいは商品化して販売を行なっている『La Muga(ラ・ムガ)』。 自作スピーカーでBGMをかけながら発表してくださいました。素材を提供してくださるので、丸太の輪切り板材なら『La Muga(ラ・ムガ)』にお問い合わせください!

 

ATEJI(当て字)・石井 将文

C3_ATEJI 日本の文字文化を世界に発信している『ATEJI』というサービスについてご紹介くださいました。 世界の漢字かなファンと書道家さんや伝統工芸品店舗などの作り手を繋げるWebマーケットプレイスとして、Makuakeにてクラウドファンディングも実施。見事プロジェクトを成功させています!

 

Moco-ya・山田素子

C4_Moco-ya 捨てられる物に価値を見出してもらいたいという想いをカタチに。 “要らないもので笑顔を生みだす”ちょっとエコなプロジェクト、「ラッキーダンボール」のクラウドファンディングにも挑戦中です!

 

Ryman Sat Project(リーマンサット・プロジェクト)・大谷 和敬

C5_RymanSatProject 普通のサラリーマンや学生が、本業の合間に宇宙開発を行なっている団体『Ryman Sat Project(リーマンサット・プロジェクト)』についてご紹介くださいました。 ミニヨンクを作る感覚で小学1年生でも自作可能な小さな宇宙船を作れる時代にしたいという想いのもと総勢60名ほどで活動中だそうです。 デザイン性に欠けているそうなので、興味のあるデザイナーさんは「かっちょいいのを作るの手伝って!」とのことですよ!

 

PACHIRA(パキラ)・新藤 倫佳

C6_PACHIRA CMや映画イベントなど活動幅を拡大中の特殊メイク・人形制作クリエイターコンビ『PACHIRA(パキラ)』。 さまざまな事例の写真をもとに、特殊メイクを紹介してくださいました。 どれも世界観が面白いです!

 

浅草こねこねんど!・山田 優子

C7_asakusa みんなで浅草を散歩し、そこで見つけた”面白いもの”を粘土でつくってアニメ化するワークショップを開催しています。 先日のワークショップの映像を見せてくれました。 親子でもカップルでもお友達でもお一人様でも楽しめそうなワークショップですね♪

 

■『クレヨン』・嶌崎 一茂

C8_crayon 飛び出す絵本、立体的な商品POPのデザイン制作を手がける『クレヨン』。アトリエにてワークショップも随時開催しているそうです。 デザイン・設計をした開く絵本や、立体的なPOPなどを実際に持ってきてくれました。 気になる方はぜひアトリエへ〜!

 

『WONDERFUL-LIFE(ワンダフル・ライフ)』・原田 武男

C9_wonderful オリジナルデザインを中心にTシャツやパーカー、のぼり等をプリント。居酒屋スタッフのユニフォーム、ノベルティ制作も手がけている『WONDERFUL-LIFE(ワンダフル・ライフ)』。 この日展示してくださった犬の模型は、PACHIRA(パキラ)さんとコラボしたものだそうです。 「水と空気以外のものとコラボするのが目標です!」とのこと。(゚o゚*)!

 

◇-◆-キーンコーン カーンコーン-◆-◇

 

ここでお待ちかねのフードが到着〜!
今回もoxoxo(ゼロバイゼロ)のごはん担当、ミキさんによるケータリングでお届けしました。

food

ポトフ、アボカドとエビのカナッペ、柿と生ハムのカプレーゼ、キッシュ、チキンのトマト煮、白身魚フリットなどなど、目でも楽しめる美味しいお料理の数々・・・・
フードコーナーにはあっという間に長蛇の列ができました。

 

「いただきまーす!」

 

◆ 一周年特別企画☆年間MVP決定戦!

2時間めは「ものづくりプレゼンタイム」。
これまで開催された全4回のアイディアソンで生まれたたくさんのアイディアの中から、年間MVPを決めました!
協賛パートナーズ様を審査員に迎え、最も多くの支持を集めたアイディアが年間MVPに輝きます。
その指標となったのは、今回このためだけに運営スタッフが開発した「にゃーボタン」。
押すと「にゃー」とリアル猫ボイスが鳴り、審査員各々が押したいタイミングで押したいだけ連打した。
会場に鳴り響く「にゃー」が非常にシュールでみんなの笑いを誘っていました。

(なぜ「にゃーボタン」を開発するに至ったのか、理由や経緯については運営に直接お尋ねくださいw)

 

今回年間MVP決定戦に名乗りを上げたのは、以下のチームです。

1)「ヒカリル」チーム(第3回「アクリルを使った新しい文房具」ミユキアクリル賞) 2)「Puta」チーム(第3回「アクリルを使った新しい文房具」IID 世田谷ものづくり学校賞) 3)「ペテンシ」チーム(第4回「デジタルプリントで作ったデザイン布を使った新しいものづくりアイディア」IID 世田谷ものづくり学校賞) 4)「YAKI LINK」チーム(第2回「バネで作る新しいプロダクト」五光発條賞)

 

記念すべき初代年間MVPに選ばれたのは・・・・
五光発條(株)が試作協力をした、肉焼きバネ、『YAKI LINK』!!
審査員たちから「54にゃー」を集め、見事4チームのトップに輝きました。

mvp

チームリーダーのhatapro 伊澤 諒太さんからは
「日本の技術を生かした製品を世界に向けて出して行きたいです」
と一言コメントをいただきました。
初代年間MVP獲得、おめでとうございます!!!

 

◇-◆-キーンコーン カーンコーン-◆-◇

 

◆ 白熱!参加者全員でアイディアソン

3時間目は毎回大盛り上がりのアイディアソンタイム!
今回のテーマは・・・・

「カラー3Dプリンタを使ったものづくりアイディア/サービスアイディア」

今回はIID 世田谷ものづくり学校内にある工房”PTA“に設置されている「カラー3Dプリンター」を活用するアイディアを考えてみました。
今回TOP3に選ばれたアイディアには、IIDより機器の貸出やビジネス化の支援などといった全面的なバックアップをしてもらえるという豪華特典付です。

ideason

今回もそれぞれのチームメンバーの個性溢れる7つのアイディアが生まれました。
・Aチーム:「あなただけのセミオーダーランプシェード」 ・Bチーム:キッチンにいろどりを。「オリジナルカトラリー」 ・Cチーム:「3Dプリクラ」 ・Dチーム:名シーンをジオラマに「インスタドーム」 ・Eチーム:「アクセサリーホルダー」 ・Fチーム:「オモイデプリンター」 ・Gチーム:「my人体模型 〜オレとワタシの体内なう〜」

 

途中「にゃー」が聞こえてくるなど、和気あいあいとした雰囲気のなかで発表が終わり、審査に入ります。

judge

 

◆ ドキドキのアワード発表!

協賛パートナーズ×運営により、今回選出させていただいたアイディアはこちら!
(以下、敬称略)

●ブロンズアイディア賞:Dチーム「インスタドーム」 人気ドラマや映画の名シーンや、思い出の一瞬をフルカラーで立体化。それをスノードームのなかに入れ、この世でひとつだけのプロダクトに。 →コスト面は若干厳しいが、夢のあるアイディアだった。(IID:鐘居) ●シルバーアイディア賞:Bチーム「オリジナルカトラリー」 色もサイズも自由!オリジナルのカトラリー。完全オリジナルでも、デザインテンプレを用意しセミオーダー式でも対応可能にしておく。結婚式の引き出物にも最適! →最大の特徴の色の表現力というのをアイディアと図面でわかりやすく表現していた点、製品とサービスという2点がミックスされていて、セミオーダーできる点がよかった。(IID:石塚) ●ゴールドアイディア賞:Aチーム「あなただけのセミオーダーメイドランプシェード」 好きな色、形を自分で選び、パーツを組み合わせて作るセミオーダー式のランプシェード。 →ぜひ実現化していきたい。IIDは全面バックアップするので、ぜひ一緒に実現させましょう。(IID:高山) prize

 

◆ パーティーも終盤・・・と、ここでビッグニュ〜ス!

『MAKE NETWORK PARTY常設展示BOX』がIIDに新設されることが決定しました!!!!∩(´∀`)∩
BOXはこんな感じです! どどーん!

iid_box

誰もが目に付く、IID 1階廊下にこれまでに当イベントに参加したことのある方の作品限定で展示ができます。
現在初期展示メンバーを絶賛募集中です!
興味のある方はお気軽に下記までお問い合わせくださいね♪
→ → → contact@makenetwork.jp

 

◆ 協賛のIID代表 高山 勝樹さんより終わりの挨拶

SONY DSC
「(今後皆さんが)どのようにものづくりに関わっていって、どのような製品が生まれてくるのかが楽しみ。協力して製品が生まれてくることが嬉しいので、ぜひ声をかけてください! アイディアによって、今世の中にない物ができてくることがある。『ものづくり』にはいろんなモノが大切だけれども、売れなきゃ継続できない。そういう面をものづくり学校では考えていきたいと思っている。このパーティーの継続、ここに参加してくれてる皆さんのものづくり活動をこれからも支援していきたい。」
(一部抜粋)

 

午後2時からの長丁場でしたが、一周年の第5回MAKE NETWORK PARTYも最後まで大盛り上がりで幕を閉じました。

09.集合写真

 

※最後にもうひとつ、大事な次回の開催日程をお知らせ!

次回、第6回は3/6(日)開催です!

お申込はこちらから

 

過去のアイディアソンでプロジェクト化したアイディアの進捗報告も随時行なっていきます。
こちらもどうぞお楽しみに〜☆
それでは、また会いましょう!

 

■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■=■
*当イベントに関するお問い合わせ・参加申込等はこちら↓↓
MAKE NETWORK JAPAN:contact@makenetwork.jp *過去のイベントレポート: https://makenetwork.jp/ *facebookページ: https://www.facebook.com/makenetworkjapan

 

コメントは停止中です。

メイクネットワーク協賛

SPONSORS


運営団体:メイクネットワークジャパン
ものづくりを愛する人たちを応援するネットワークづくりをしています。

お問い合わせはこちら